最近の記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

dormitory

Author:dormitory
函館ラ・サール学園寮
中学寮生日誌

寮生の生の声である「寮生日誌」を通して寮生活の様子を紹介するブログです。以前の寮ブログ「今日の一枚」を引きついで2013年4月21日に公開開始しました。
個人情報や寮生の個人的な相談事が記載されている日誌は掲載いたしません。また、内容に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。


無料サイトでの運用の為
「広告バナー」が
表示する場合があります。
本寮とは一切関係ありません。

管理者:清水 昌明


リンク


DATE: CATEGORY:中学2年生
フィールドワークがひとまず終わった。終わったといっても見学が終わっただけで、ここからレポート作成、そして発表が控えている。2つの大学『公立はこだて未来大学』『北海道教育大学函館校』を見学した。はこだて未来大学での質問時、とある生徒が「AIに殺される時がくるのでしょうか」的な質問をしていた。たしかに興味深い。彼は未来を予測した考えを持っている。教育大函館校での見学は、はこだて未来大学よりも長く時間をとり、校舎の複雑さに驚いてしまった。こういった経験は大学受験をする際に大きな助けになるだろうと思う。
 ところでフィールドワークは去年まではとても自由な印象があった。それは様々なグループに分かれていたからだ。交通班や文芸班など様々だった。しかし、今年は全員が同じ大学ということでとても残念に思った。なぜなら、私は航空関係が好きなのだが昨年の中2は函館空港管制塔内やエプロン内に入ったりしていたと聞いていたので期待していただけに残念である。
 話は変わるが、いよいよ函館も寒くなってきた。寮内でも半袖でいると震える。雪虫も飛び始めた。私は関西出身なのだがやはり北海道の気候に慣れない。地元は比較的温暖な阪神地区なので寒さに弱く、雪なんか滅多に降らない(年に一回あるかないか位)ので雪が積もったのを見るだけでフィーバーしてしまう。ガキ臭いと東北や北海道出身の人に言われそうだが、珍しいのだから仕方ない!だからこそここ、函館ラ・サールを選んだのかもしれない、と私は思う。


週末は多数の保護者が来函されるかと思います。フィールドワーク発表会ではそれぞれが必死に考え取り組んでいます。良い発表になるのではないかと期待しております。また、その後の保護者会では寮からも近況報告させていただく予定です。保護者の皆様とお会いできることを心よりお待ちしております。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
 土曜日、日曜日の昼、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。お買い物とかお昼寝など、色々な人がいるでしょう。私たち中一寮生は、ほとんどの人がお買い物に出かけていて、七人くらいしか残っていません。僕はピアノを弾いたり、勉強したり、教科書を眺めたりしています。そこで、新しい発見がありました。今回はそんなちょっとした新しい発見を紹介していこうと思います。僕はぼんやりと家庭科の教科書を眺めていました。そこはつみれ汁の作り方のページだったのです。つみれ団子を作るとき、てっきり魚を千切りにして丸めると思っていたのに、よく見るとぶつ切りにしてから丸めるとあって、とても驚きました。それと、魚に添えられるすだちやレモンは、しぼって汁をかけて食べると思っていたのに、におい防止のためだったり・・・まだまだ知らないことがたくさんあります。土日の暇すぎる時間、そんな発見もなかなか楽しいですね。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 十月になって早くも二週間が経ちました。外も寒くなってきて、風邪をひく人が増えてきました。中学寮もトラブルが九月頃まあありましたが、今は落ち着いています。あと二ヶ月したら海外研修だと思うと中三での生活もあっという間です。
 今度中三は理科の授業でウシガエルの解剖をします。ブラックジャックで研修医が人間の解剖をしていました。その研修医が内蔵で遊んでいたのを思い出しました。もちろんそんな解剖はしたくないし、しようとも思いませんが、解剖という事がまずむごい事なので、おかしいけれどカエルに感謝して吐かないように努力したいです(むしろ楽しみです)。あと明日は僕たちのクラスで焼き肉パーティー的なものがあるので楽しみたいです。
 中一、中二はこの二日間、FWで学校にいないため静かでした。僕は昨年は北海道新聞や函館新聞、そしてNCVに行ってマスコミについて調べてきました。楽しかったのを今でも覚えています。FWは楽しみながら学べるし、それを発表することで周りの人にもそれが伝わるのでいい機会だと思います。
 中三での生活も残り半分を切っています。今まで以上にいろいろなことに好奇心を持って取り組み、楽しい生活ができるようにしたいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 今日の二時限目の体育は外のグラウンドでソフトボールをやった。そとは晴れていたが気温があまり高くなく、風がとても強くてとても寒かった。自分の地元は函館よりもずっと寒いはずだが、函館で二年以上もくらしているから、こちらの気候の体になってしまった。このような意味での慣れはとても嫌だ。これから冬にむかっていき、さらに寒くなってくる。衣類の整理などでしっかり準備しようと思う。また、最近ではかぜをひいている人が多くなってきているため、健康面でも気を付けようと思う。
 放課後に自分は何人かの友達とラグビーの自主練をやりに行った。自主練習といってもお遊び半分のことをやった。このようなことをやってみんなも気付いているが、やはり体力や筋力がとても落ちている。十月末に今の中二や中一のラグビー部と引退した自分たち中三がOB戦を行う。ほとんどの確率で中三がこの試合で勝つと思うが、今の状態ならトライを取られてしまうかもしれない。心配だ。

  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 十月に入って早二週間となる。そしてあとちょうど八週間後、我々中三は海外研修へと出発する。私は海外研修賛成派の人間なのだが、「英語が苦手」や「海外が怖い」という意見もあるらしい。そんな楽しい楽しい海外研修の前に、我々は二つのテストを受けなければならない。一つ目は学力推移調査。二つ目はいつも通りの中間テストである。学力推移調査に関しては、みんな余裕だろうとたかをくくっているが、私はそうだとは思わない。理由は我々は中三になってから半年程高校の内容をやってきた、が、このテストは中三の内容から出題される。なので私はこのテストもあなどれないなと感じる。第一中間テストに関しては前期末テストから一カ月しか経っていないということもあり、出題範囲が狭いので内容が濃いのである。前期末テストが散々だった私は、ここで挽回しなければならないのである。これは私だけではなくそれは中三寮生全体に言えることだが、この二つのテストを乗り越えて海外研修とその後の冬休みを悔いの残さないように、今から勉強を少しキツくしたいと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 テストが終わり、二週間程過ぎた。テスト後、みんな気が楽になったのか、あまり自習室にこもって勉強する人は少ない。もちろん、この私もしていない。そんな事を考えていたら、いつの間にかテスト三週間前。あまり危機感を感じない人と危機感を感じる人に分かれるだろう。
 私は「試験一週間前」の学習について思うことがある。そもそも、日々の自習の大切さをわかっていれば、一週間前から本気で取り組むことはないだろう。正直いって、あまりそういう人は成績は上がらないと思う。確かに部活はオフになる。だからといって、一週間前から勉強に手をつけるのはいかがなものか。前の前の前に書いた日誌と同じく、毎日コツコツと積み重ねていくのが、より良い勉強なのではないだろうか。その中で決して「面倒だがやろう」とは思ってはいけない。「自分のためにやろう」と思わなければ、それは勉強とは言わない。自ら主体的に勉強してこそ「自習」である。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
今日はフランスにいるラサール会のブラザーの人が来てくれました。話していることはよくわからなかったけど、フランスから来たのはすごいと思いました。話が変わって、期末テストの話しです。僕は国語だけは得意なので、2倍の点数でした。しかし、苦手な英・数(とても大切)の点がとても悪く、OCも連鎖でとても悪かったので、後期からは気持ちを入れ替えて頑張っていきたいです。
 今はサラダバイキングです。これを考えた高校の先輩はすごいと思います。きっと社会でも活躍するのだろうなと思います。そして、今日はステーキが出ます。フルーチェも出ます。フルーチェは最近好きになった。小さい時はフルーチェ嫌いだったらしいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
九月二日
 僕たちは食事に対して他の学年からあまり良い印象を持ってもらえていないと思います。なぜなら、食べ物で遊ぶ人やそのような様子を見ていても注意をしない人がこの学年には多くいるからだと思います。そのように思われている中で、今日はジンギスカン夕食会が行なわれました。食材を持参してきている人を周囲で見かけました。(本来は中学ではダメですが… 話を聞いていない人が多いようです)ですが楽しく良い夕食会であったと思います。しかし、時間が過ぎていくにつれて、調子に乗ってふざけるような人が多く見られるようになりました。例えば食べ物を投げ合っていたり、ラードを食べたいといってそれを全て鍋に投げ入れ火をおこしている人もいました。そのようなことはやってはいけないのは当然であり、周りの人が注意をすればこのようなことにはならなかったと思います。
 最後に何度も言っていますが僕たちの学年は悪いことをする人やそれを注意できない人が多数います。悪いことをする人たちは周りから注意されないので勘違いしているのだと思います。なので、注意する人をもっと増やさなければならないと思いました。

九月七日
 今日は晴天でとても清々しい気分でした。ですが朝のSHRで保健室通いの人が多すぎたため、保健室への出入りに規制がかかりました。本当に体調が悪い人の迷惑だと思うので周りの迷惑をかける人たちには十分気をつけてもらいたいです。さらにあるクラスでは先生を怒鳴らせるほど怒らせるということもあり、大変そうでした。
 一方寮では朝に室長団が頑張っていたり、ゴミ拾いをしている人が見られたりとても良い傾向ではないかと思いました。来週には球技大会があるので皆頑張って欲しいです。そして怪我なくできれば良いと思います。
 また、学年内の学習サポートを取り入れれたらなと思います。

九月二十八日
 テストが終わりました。テストが終わるととてもスッキリとした気持ちになります。これからテストがない日が続けば良いなとも思いますが、そうはいきません。一ヶ月後にまたテストが控えているのでそのためにも頑張りたいです。
 突然ですが明日、僕は函館山に行こうと思います。なぜなら自習中にふと「よし、函館山に行こう!」と思ったからです。とても楽しみです。みんなもテスト明けで嬉しそうにしていて、明日からなにして遊ぶか、どこへ行くかなどみんな話しているのをよく見かけます。

九月二十九日
 テストが終わり、今は三連休だ。朝点呼があったが正直もう少し寝ていたかったのが本音だ。そういえば最近ぐっと冷え込んできたと思う。ブレザーの着用ももう少しだし、ブレザーは汚れていると目立つのでみんなしっかり洗った上でもってきてほしい。いい加減半袖半ズボンみたいな季節感のない服装は控えた方が良いかなと思う。
 ここで話は変わるが、最近中二の中では良くない行為をする人が多い。お金を取ってしまったり、ゴミとか適当に分別しないで捨てたり、放置したりなどだ。遅刻も多くなってきた。走ってかけこんできたりするのは騒がしくなるのでダメだと思う。こういったルールを軽視する行為がよりルールが厳しくなる原因だと思う。寮のルールは皆守りたくないようだけれども、それらを守ることがルールの追加や生活を不便にしないためのものなのなのだなぁとしみじみ感じている。生活面でだらしない人や自習中遊んでしまう人もこういったことがしっかり分かっていないからではないだろうか。




更新が滞り申し訳ありませんでした。後期からは頻度を上げて更新していきますのでよろしくお願いいたします。
さて、明日十月二日からは後期のスタートになります。現状学年が抱える問題は多々存在しますが、一つずつ解消して参りたいと思っております。後期からもどうぞよろしくお願いいたします。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
 最近金欠で、お菓子もジュースもまともに買えません。と言っても、寮金庫の残高は3000円弱とまだあるのですが、月3000円貯金すると決めているので引き出せません。もうすぐ来月に突入するのですが、それでも気が遠くなります。本当は今日入金する予定だったのですが、どういうわけかATMから出金できず、未だ金欠生活です。今までは、人からの心優しいおすそ分けを頂いたり、親からお菓子を送ってもらったりして、なんとか乗り切ってきましたが、もう打つ手がありません。あー!我慢するしかないのでしょう。なんとなく小説っぽくなってしまいましたが、よかったら先生もお菓子を分けて頂けませんでしょうか。と冗談を言ってみたりして・・・なんとか頑張ってあと一週間頑張ります。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 今日は自分はタイムキーパーではない。しかし、この寮生日誌を衝動的に自分の手が取っていた。何があったのか説明したいと思う。今日、高校ラグビー部が花園全国大会出場の切符を手にしたのだ。何を隠そう自分もラグビー部ゆえに、こんなに嬉しい話があるだろうか?テスト週間にも関わらずコンビニに行って帰ってきた自分に「テレビでラグビー部が出てる」というニュースが飛び込んできた。聞くやいなや早速向かった。相手は札幌山の手、言わずと知れた強豪だ。テレビのスコアを見る。偉大なる先輩たちは自分の期待を“いい意味”で裏切った。一九対〇、何とラサールが突き放していた。札幌山の手相手に三トライ、二ゴール差で勝っていたのだ。そして前半終了と共にテレビの前から多くの歓声が上がった。ハーフタイムの間、六十名はいただろうか。みんな興奮が冷めぬようだった。自分もラスト十分位しか見ていなかったが、とてもドキドキしていた。そして後半開始。出足が悪く、点差を縮められてしまう。しかし、すかさずトライをとり、ゴールも決め二七対七とする。ラサールは山の手に体格では負けていた。しかし、パススキル、ランスキルで上回っていた。追加点はなかなか奪えないものの、ディフェンスで粘り続け、そしてついにノーサイドのホイッスル。二七対二一で札幌山の手を破った。その瞬間、高校寮テレビ前は興奮の渦に飲まれた。画面の中の選手は泣いていた。山の手、そしてラサールの選手も。そして応援していた自分たちも泣きそうであった。そして整列して挨拶すると周りの人々の手から大きな音が響き渡った。自分も二、三年後はこうなっていたいと思った。また、そう思わせてくれた先輩に感謝したい。自分はもし「尊敬している人は誰ですか?」と聞かれたら即答するだろう。
「ラグビー部の先輩たちです」と。是非是非花園で勝利を掴んでほしい。もちろん応援に駆けつけたいと思う。ガンバレ!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 テストが近くなると問題が増える。これが起こる理由として、日々重なるストレス、と答える人がいるが、私にはいっこうに理解できない。私自身ストレスを感じない性格、否、感じてもそれは一時のことであって長くは続かない性格だからかもしれないが、もし仮にストレスを蓄積させてしまう人がいたとして、それが原因で罪を犯すことがあるだろうか。私の友達にストレスを溜め込んでしまって発散することができない、という人がいる。彼は非常に優しく、他人思いで、それ故に常にどことなく気を使っているというか、引っ込み思案な所がある。私はストレスが溜まる理由は、他人思い過ぎな性格からくると思う。私の場合は、そこまで人のことを気にかけるタイプではなく、結構ズカズカ人に物を言うタイプ(客観的にそうらしい)なので、溜めずにそのまま口から流してしまう。いうなれば日本と米国のようである。日本はどこか謙虚で他人を優先させる。一方、米国は大胆で歯に衣着せぬような印象がある。どちらも度が過ぎるといけないが、どちらの要素も人間には必要だと思う。上記の様にどちらかというと私は米国派である。理由は二列目から前の人に隠れて石を投げるような輩が嫌いだからである。「隅っこでグチグチ言うなら面と向かって言え」と常に思っている。相手の事を考えつつ、自分の気持ちをきちんと言葉で伝える。難しい事だが重要である。卑劣な行為をせず正々堂々、“義”の心を忘れぬようにしたい。また、ストレスごときで心を折られぬよう、強靭な精神(メンタル)も持ち合わせたい。
DSC_0722.jpg
| BLOG TOP |

copyright © 函館ラ・サール中学寮 all rights reserved.Powered by FC2ブログ