FC2ブログ

最近の記事


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

dormitory

Author:dormitory
函館ラ・サール学園寮
中学寮生日誌

寮生の生の声である「寮生日誌」を通して寮生活の様子を紹介するブログです。以前の寮ブログ「今日の一枚」を引きついで2013年4月21日に公開開始しました。
個人情報や寮生の個人的な相談事が記載されている日誌は掲載いたしません。また、内容に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。


無料サイトでの運用の為
「広告バナー」が
表示する場合があります。
本寮とは一切関係ありません。

管理者:清水 昌明


リンク


DATE: CATEGORY:中学2年生
 僕は帰寮から今日まで約一週間、今までにないほど勉強を頑張った。放課後の時間を利用して、予習や復習などをやった。なぜこのように頑張ったかは、今回の冬休みが大きなきっかけだ。冬休みでは、後期の振り返りを家族で話し合った。英語の小テストが0点続きだったことや、授業のノートをきちんと写していなかったことなどをこっぴどく怒られた。そして、両親からなぜ今勉強をしているのかを教わった。それからノートの取り方、予習の仕方、復讐の仕方も教わった。帰寮する前に、これから一人で勉強すると神社で絵馬に書いた。僕はその絵馬に誓って今ここにいる。これからの土日や放課後の時間を利用して、日々努力していきたいと思っている。今から一番近いテストが学力推移テストだ。これは今までの範囲が全てとなってくる。その次は学年末。このテストをどれだけ全力でできるかにかかっている。これからは学力推移と学年末を並行してやらなければならない。良い結果が出るよう日々努力したい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 今日は講習5日目です。ついに明日帰省です。本当に楽しみです。冬休みは友達と後輩が家に泊まりに来ます。泊まった後、みんなでディズニーランドへ行きます。他にもゲームをしたり、こっちでは雪でできないサッカーもしたいです。夏休みから今まで色々なことがありました。例を挙げるとすれば、地震や球技大会などです。地震では生まれて初めて停電を体験しました。電気・水のない生活はとても大変でした。しかし、2日ほどで復旧したので良かったです。球技大会では、サッカーで優勝できたので良かったです。楽しかったです。冬休み後、サッカー部は地獄のトレーニングがあります。そこで体力をつけ、春からのリーグ戦全勝!と中体連優勝!をまず大きな目標として頑張ってトレーニングして、最強のサッカー部になりたいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 「あと一粒の涙でひと言の勇気で願いがかなうならその時が来るって僕は信じているから君もあきらめないでいて何度でもこの両手をあの空へ」これはFUNKY MONKEY BABYSの2010年に発表された「あとひとつ」の冒頭の歌詞だ。この曲を聴くと誰もが勇気づけられると思う。この歌詞は「あと一粒の涙」という言葉が出てきている。これは「あとひとつの悔しさ」を表すのだと思う。「ひと言の勇気」とは「あとひと言の仲間からの応援などで得られるもの」だと思う。どれだけあきらめないで努力をしても届かないものがあり、試合などで負けると悔しさになる。それこそが今の自分をより成長できる。「何度でもこの両手をあの空へ」とは「何度でも喜ぼう」ということだと思う。実際、私自身も試合にスタメンで出られなかったことやAメンバーの練習に混ぜてもらえなかったことがある。そういった時の悔しさをいかに利用するかで自分の成長の具合が変化すると思う。また、親からや友人からの「Aメンバーじゃないんだ」「下手くそ」といったマイナスの言葉や「上手になったね」「がんばれ」といったプラスの言葉がかかるが、そういった言葉をマイナスはバネにして、プラスは勇気にしていきたい。そして、最後には何度でもこの両手をあの空へ上げたい。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 今日の午前七時、中三はもう寮にいなかった。学校が終わり、私たちが寮に帰って来た時には彼らはすでに国際線の中だろう。そう、彼らは遂にアメリカへの研修に旅立ったのだ。そして、私たちのアメリカへのカウントダウンも始まったのだ。「本当にこんな英語力でいいのか」と不安になる。この前の中間テストでは満足できる点数だったし、英検も良い成績を取っているのだが、「それは日本の中の話でアメリカで求められる能力は自分には及ばないところなのではないか」という風に感じる。そして中間テストも三日前に迫っている。冬休みにもかかってくるので、明日明後日を大切にしようと思った。中二の時はちょうど中だるみの時期と言われている。自分もこの例外ではなく、勉強に対する意識が低くなってしまっている。しかもこの中学校は高校受験がないので、中三の時までその空気を持って行けてしまうため、勉強の意識が低いまま高校に入学してしまうことになる。先ほどの話に戻るが、中三のアメリカ研修のためにも、自分の勉強への意識を見直し、意識改革をしていくのが今の中二の課題ではなかろうかと思う今日であった。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 もう明日で12月でなり、テストも帰省も近づいていて、早いもので今年も残すは一か月となりました。皆もう少しで帰省だと口々に言っています。僕もその中の一人ですが、帰省ばかりに目を向けていると10日後にある第二中間テストに足元をすくわれてしまいそうです。前回のテスト結果によって皆痛い目にあったので、今回こそは自宅生を抜きたいと思います。今年は昨年に比べて勇気が降るのが遅く、また量も少ないのであまり地面が凍らず少しありがたいです。
 僕は卓球部に入っているのですが、先日大会があり、その時とても嬉しいことがありました。それは他校の先生が「ラ・サールは昨年よりうまくなったな」と言ってくださったのです。そのことから、僕が目指している「文武両道」が昨年に比べてできているようになったのかなと思えました。今回のテストでも、僕から見たら皆早めに準備に取り掛かっていると思うので、もっと勉強と部活をしっかり両立していきたいです。
| BLOG TOP |

copyright © 函館ラ・サール中学寮 all rights reserved.Powered by FC2ブログ