FC2ブログ

最近の記事


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

dormitory

Author:dormitory
函館ラ・サール学園寮
中学寮生日誌

寮生の生の声である「寮生日誌」を通して寮生活の様子を紹介するブログです。以前の寮ブログ「今日の一枚」を引きついで2013年4月21日に公開開始しました。
個人情報や寮生の個人的な相談事が記載されている日誌は掲載いたしません。また、内容に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。


無料サイトでの運用の為
「広告バナー」が
表示する場合があります。
本寮とは一切関係ありません。

管理者:清水 昌明


リンク


DATE: CATEGORY:中学チューター
□ 六月二十五日(月)B自習室
 今日は、チューター活動最終日でした。
 今日でチューター活動が終わるので、いつもよりちょっと厳しく寝室のチェックをしたら、十二人いたので、びっくりしました。テスト前は五人位でしたが十二人いました。チェックの内容はいたって単純で、シーツのヒモがほどけていたりとか、一つの引き出しの中に二冊本がしまってあったりなどです。今後も大丈夫なのかが少し心配ではありますが、チェック係の人がきちんと正確にチェックしてもらうと嬉しいです。
 今日の良かった点は、以前よりみんな義務自習に集中して、一生懸命に勉強していた事です。以前は、居眠りや手遊びをしている人が一部いましたが、今は一人位になったので、今後義務自習以外で自習室を使う時も一生懸命勉強に取り組んで欲しいと思います。
 もう一つはゴミの分別が良くなった点です。以前は、ペットボトルのラベルをはがさなかったり、燃えないゴミ箱に燃えるゴミを捨てていたのに、最近なくなってきたので、今後も続けて欲しいです。
 僕もこのチューター活動をきっかけに、勉強や生活面も見直していきたいと思います。三ヶ月間ありがとうございました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学チューター
□ 五月三十日(水)B自習室
 チューター解団まで一ヵ月を切りました。今の中一の生活状況を見ると入寮当初に比べて格段に良くなっていると思います。チェック数もかなり減って、いい感じに仕上がってきています。だからといって最後まで手を抜かず、今まで通りやっていきたいと思います。
 チューターに関しても、自習時間のチェックの人数を減らしたことで、効率的に回る様になったと思います。現在、日曜日・水曜日の当番でやっているのは、中一の代表者(チェック係)がベッド周りのチェックをして、不十分な人を指導する方法です。割と友達だからといって手を抜かず、真剣に取り組んでいる感じです。実際、従来の方法より、こちらの方が、早く終わります。また、同学年だから素直に受け入れられると思うので、いい方法だと思います。チェックを受ける人数は、A自六人、B自九人で、毎回特定の人となるため、その一人一人をどうやって改善させるかが重要になってきます。
 ベッドメイクだけでなく、義務自習中の態度も改善していく必要があると思います。眠たくなってしまうのは分かりますが、そこを我慢して欲しいです。僕だって当然、眠くなってしまう事もあります。でも、せっかくの自習時間なので、有効活用して欲しいです。また、トイレ退出や違う教科を勉強するなどという事もしてはいけないと思います。初心に戻って頑張って欲しいです。
 入寮してそろそろ二ヵ月です。中一は皆、人間として大きく成長してきたと思います。これからチューターがいなくなっても、しっかりと頑張って欲しいです。親は、子供が様々な面で成長する事をとても楽しみにしています。その期待に応えるためにも、頑張って欲しいです。

□ 六月一日(金)A自習室
 最近、自習中に寝る人が多くなってきた。僕も中一の頃は眠ってしまう事があったので、気持ちは分からないでもない。しかし、「寝てもいい事はない」と身を持って知っている僕からすると、起きて頑張った方が良いと思う。やはり、失敗から学ぶ事は多い。
 寝室などの生活チェックは、少しずつではあるが、少なくなってきた。これはとてもうれしい。特に今までチェックの多かったS君やS君といった人がチェックゼロだった時ははとてもうれしい。みんな進歩したなと思う。
 五月が終わって、もう早や六月。年寄り(?)風に言えば「早やもんだねぇ~(笑)」。十九回目のチューター日誌である。明日は授業参観日。中一諸君にも恥じない言動及び態度で臨んで欲しいと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学チューター
□ 五月二十四日(木)
 一年生も特定の人を除いて、チェックが少なくなってきている。よって、「その特定の人のチェックが付かなくなるためにはどうすればよいのか」考えてみることにする。
 一つ目の案。自習中に細かく注意をして、寮生活に対しての意識をしっかり持たせることを考えてみた。確かに、意識が薄れているのは事実だが、直接的に手早く直させることができない。そもそも、本人に考えさせないと、直させる意味が無い。
 二つ目の案。チェック毎に、何がだめだったのか、どうすれば次からチェックされなくなるのか、本人に書き出させるのはどうだろうか。これなら自分で直せることもできそうだ。
 それでも直らなければ、周りにいるチェックの少ない人に、自習前に確認してもらうなど、工夫してチェックを減らして欲しい。もし今日チューター団が解団したとしても、自分たちで助け合い、全員が生活力のある人になって、その高いレベルの中で生活できるようになって欲しい。

□ 五月二十四日(木)
 最近は、色々な仕事が重なっているため、休む時間が中々取れない。昼夜の気温差も大きく、体調があまり良くない。無理せず、行動しようと思う。
さて、今日の一年生の様子を見ていると、点呼の時間よりも早く、自習室に入る事ができている人が多かった。これは、とても良い事だと思う。慣れてくると、駆け込んできたりする人が出てくるものだが、この良い習慣をつけておく事は、これから良い学年になっていくために必要であると思う。集団行動で時間を守る事は基本であるからだ。
 しかし、昨日と比べてチェックの数が多かった。昨日はアッセンブリーの後であった事が要因かもしれないが、たった一日で元の状態に戻っている。それぞれがしっかりとした意志を持っていなければ、規律ある寮生活は成立しない。アッセンブリーでの内容をもう一度振り返り、考えて欲しいと思った。
 毎日毎日の積み重ねは、学習でも同じだが、とても重要である。我々チューターがいなくても、同じく良い状態がキープできる学年になってもらいたい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学チューター
□ 五月十九日(土)A自習室
 まだまだ夜は少し肌寒い日が多い。学校では咳をしている人や、体調不良で欠席している人もいる。季節の変わり目だ。忙しくても、しっかり体を休める様に心掛けたいを思う。
 さて、テストがやっと終わり、ほっとした子も多いのではないか? 初めての定期テストで、小学校の時とは形式が違い、慣れていないので、難しく感じた子もいると思う。テストを何回か受けていく内に、どのように準備したらよいかなど、段々分かるようになり、点数を上げる事ができると思うので、今回の反省を生かして、次のテストも頑張って欲しいと思う。
 そんなテストの終わった翌日の土曜日でも、勉強している人がいた。強い意志によって取り組めているのはとても良い事だ。周りが勉強しなくても勉強できる事は、周囲との差を付けるチャンスだ。一方、勉強よりも楽しい事の方にすぐ走ってしまう人や、生活態度が悪い人は、テストの点数にも現れているのではないだろうか? 差が小さい内に、自らのこの一ヵ月と数週間の生活を振り返り、直していって欲しいと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学チューター
□ 四月三十日(月)A自習室
 久し振りの二連休であり、一部の人はもうGWになっているようだ。少し町に出てみると、いつも以上に市電や道路が混雑している。北海道の桜は満開を迎え、やっと本州の春に追い着いたようだ。風が強い時もあるが、太陽が出ていると暑く感じる日も多くなってきた。
 さて、今日でタイムキーパーも一周目が終わり、二周目に入っている。あっという間に感じる。入寮時に比べて、皆少し成長したと思う。初めは点呼の時間も分からず、不安だらけで生活している人も多かったと思うが、生活に笑顔が出てきている。
 しかし、「慣れる」ということが悪い方に向かっていないだろうか? ベッドメイクのチェックなどは、段々特定の人になってきた。次にチュー-ターが考えなければいけないのは、「どうやってチェックをゼロにするか」ということだ。チェックが毎回付く人は、もう注意されることに慣れている。GW後はそこを課題として、チューター活動が終わってから先の事を見据えて、指導していきたい。
| BLOG TOP |

copyright © 函館ラ・サール中学寮 all rights reserved.Powered by FC2ブログ