FC2ブログ

最近の記事


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

dormitory

Author:dormitory
函館ラ・サール学園寮
中学寮生日誌

寮生の生の声である「寮生日誌」を通して寮生活の様子を紹介するブログです。以前の寮ブログ「今日の一枚」を引きついで2013年4月21日に公開開始しました。
個人情報や寮生の個人的な相談事が記載されている日誌は掲載いたしません。また、内容に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。


無料サイトでの運用の為
「広告バナー」が
表示する場合があります。
本寮とは一切関係ありません。

管理者:清水 昌明


リンク


DATE: CATEGORY:中学1年生

□ 六月八日(金)A自習室
 今日は特に変わった事はなく、いつも通りに過ごしています。今朝早く起きて勉強をしました。朝五時から勉強するはずが、五時四十五分に起きてしまいました。やはり疲れと緊張が溜まっているせいで、勉強の能率は上がりませんでした。この時、僕が思った事は、実際、能率良く効果的に寮で学習にあたるためには、十分な睡眠が欠かせないんだなと感じました。心身ともにリラックスするには、朝早く起きる力より、夜早く寝る力を付けた方がいいと思います。最近、僕の様に朝起きて勉強する人も増えてきました。自分も無理をせず、きちんとスッキリした頭で朝を迎えられる様にしたいです。
 今日は天気はいいですが、もう真夏の様な暑さだったので、負けずに頑張りたいです。第二中間テストも七月中旬にあるので、今の内にしっかり自習できる環境を保ちたいです。ケガ人が最近増えてきているので、自分も気をつけていきたいと思います。

□ 六月八日(金)B自習室
 今日、車イスで生活しているT君を食堂までサポートしました。T君は車イスに乗っていても、とても元気だったので良かったです。でも、車イスでは一緒に野球もできないし、寝室で遊べないので悲しいです。早く足が治り、また一緒に野球がしたいです。
 第二中間テストではまた英語が危なくて少し不安でしたが、毎日勉強していたら分かるようになってきました。時々、義務自習中に眠くなるけれど、英語の時間だけは一生懸命やっています。チェックではほとんどがベッドメイクや洗面所、ベッド下の引き出しなので、そういう所もきちっとして、今日からいきなりとは言わずにチェックを減らしていこうと思います。あと最近、具合が悪くなるので、鉄分とビタミンを摂ろうと思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 六月六日(木)A自習室
 今日は、僕の知っている限り、大きなトラブルは起きなかった。でも、最近、ルールを守るという意識が薄くなってきている。気のせいかもしれないが、夜、ロッカーを開ける音が聞こえた気がした。多分、気のせいだと思うが。そして次の事は僕自身も行ってしまい、反省している事ですが、ベッドの上に三人以上乗る人が未だにいます。他にも自習室で走ったりする人が時々いますが、もうすぐ、第二中間テストもあり、自習室では勉強する場所なので、そのような行動はいけないと思います。
 悪い事もありましたが、良い事もありました。3人以上ベッドに乗っている人がいた場合、それを注意する人も増えてきています。これからはチューターがいなくても、僕達自身で当たり前の事を当たり前にできるようにしていきたいです。

□ 六月六日(木)B自習室
 寮に来て二ヶ月経ちました。四月の時よりも緊張感がなく、ラクで楽しいです。でも慣れてきて、最近寝室のおちているゴミが多くなったり、小さなトラブルが色々起きています。慣れる事はいい事かもしれないけれど、慣れてきたから出てきた悪い事はいけないと思うので、集団として良い方向に向かって欲しいです。
 第二中間試験まであと十五日です。第一中間テストは成績が悪かったです。多分、一週間前から勉強したので、勉強の時間が少なかった。勉強している時、集中している時間が少なかったからだと思っています。
 そのため、テスト二十日位前に勉強を始めました。他に第一中間で失敗したので、もう失敗したくないという思いで、勉強に集中できるようになりました。さらに、失敗しないという思いで勉強する時間も増えてきました。でもまだ少ないので、もっと多くしていきたいです。また、勉強の方法を変え、授業をしっかり聞くようになりました。これらを第二中間まで続けて、良い成績を出したいです。

□ 六月七日(木)B自習室
 今日は三度目のタイムキーパーだった。周囲の状況を改めて考えてみると、色々な事が分かった。朝食時にB自習室は早めに挨拶と点呼を終えたが、A自習室と「いただきます」の号令をしたのはほぼ同時だった。これは、連帯責任が関係してくる。一人でも着座が遅れると、全体を待たせてしまうのだ。これは、寮生活において大切な事だと思う。
 さらに、寝室での過ごし方にも問題点がある。お菓子の食べカスや、ゴミがかなり落ちているという事だ。先生も言っていたが、「蟻の穴から堤も崩れる」の様に、生活のちょっとした穴から、寮生活は崩れてしまうものではないだろうか?
 自習室のマナーについても、注意される人が目立つようになってきた事も気になっている。入寮時に、「人からされて嫌な事は、自分もしない」という教訓を、皆胸に刻んでいるはずだが、それが薄れてきている気がする。
 相手の立場になる事で、自習室のマナーだけでなく、寝室のゴミも減るし、ゆくゆくは中一寮全体の雰囲気が良くなるなどの効果があると僕は思う。逆に言えば、蟻の穴を開けなければ、堤は崩れないどころか、丈夫になるという事だ。ゴミを拾うという、小さな小さな行動でも、その行動が意味するものはとても大きい。しかし、そもそもゴミを放置しなければ、何も問題は起こらない。本来、それがベストなのではないかと考えた。
 皆、寮生活に慣れてきて、雑になっている点が所々見受けられる。基本は基本として、しっかり生活したいと感じた。第二中間テストも近付いてきており、点呼の時間前や、隙間時間に勉強している人も多く、ぜひ自分も見習いたいと思った。この様な良い連鎖を続けていきたい。
| BLOG TOP |

copyright © 函館ラ・サール中学寮 all rights reserved.Powered by FC2ブログ