FC2ブログ

最近の記事


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

dormitory

Author:dormitory
函館ラ・サール学園寮
中学寮生日誌

寮生の生の声である「寮生日誌」を通して寮生活の様子を紹介するブログです。以前の寮ブログ「今日の一枚」を引きついで2013年4月21日に公開開始しました。
個人情報や寮生の個人的な相談事が記載されている日誌は掲載いたしません。また、内容に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。


無料サイトでの運用の為
「広告バナー」が
表示する場合があります。
本寮とは一切関係ありません。

管理者:清水 昌明


リンク


DATE: CATEGORY:中学1年生
 今日はちょうどテスト一週間前です。ようやくみんな勉強のエンジンがかかり始めました。函館も急に冬らしくなって、あんな短い通学路でも、コートがないととても寒くて耐えられない次第です。本州の方は紅葉がきれいなのではないでしょうか。中庭にある木も、葉を赤、黄色に染めているもののとても寒そうです。
 さて、私は最近カメラにはまっています。サッカー部、野球部、バスケ部、色々な所から写真を撮ってくれと引っ張りだこです。でもまあ楽しいのですけどね。今はカメラにはまっているものの、一か月くらいしたら冷めてしまいそうなのでなんだか不安です。最近では月の写真を撮りました。高画質のモードにして400mmのレンズで撮りました。やはり、中秋の名月というのは本当ですね。満月だったのですが、拡大したらクレーターまでくっきり見えました。とてもきれいでした。今は月を入れた写真を撮ろうと思うのですが、なかなか場所と時間がなくできません。まあ、それは帰省した時の楽しみにしておきます。
 もうあっという間です。第一中間が終わったらクリスマス会、そして第二中間をやって帰省です。それまでは勉強と部活両方とも頑張れたらと思います。次のテストは目指せ15位以上です。頑張ります。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十月二十八日(日)A自習室
 今日は午前中にラグビー部の練習がありました。まず、タッチフット、たつなり、コロコロ、ちょうよう筋、タックル、腹筋、腕立て伏せをした後、モールゲームをしました。モールゲームは、八対八のラグビーの試合をしました。何回かトライ出来たので良かったです。モールゲームは、低い体勢でタックルをする練習なので、低いタックルに上手く入れる様にしていきたいです。
 午後にはバスで昭和タウンプラザへ行きました。帰りはバスを使わないで歩きました。歩いて帰るだけで結構疲れました。帰る途中、ブックオフに寄って、本などを見ました。今度は行きも帰りも歩いてみたいです。

□ 十月二十八日(日)B自習室
 とうとう、後期第一中間テストまで約一週間となりました。自習室の壁には「残り○日」のカウントダウンの紙も貼られ、プレッシャーに襲われています。しかし、昨日の夜は集会もなく、時間が三時間以上あったにも関わらず、勉強している人が少なかったです(僕もやっていません…)。しかも、寝室でボール遊びをして、先生に注意された人もいたようです。
 もう僕は失敗を経験しているので、しっかりと計画を立て、周りの人達に流されない様にしていこうと思います。僕は、ラグビー部でもあり、赤点を取る事は厳禁になっています。生活リズムを整え、部活を思いっ切りやり、義務自習も百%の力を出して励んで行こうと思います。中一英語でつまずくと、どんどん差が付くと思うので、先輩の力を借りて平均点よりは上に行こうと思っています。
 何が必要で、何が必要ではないかの正確な判断をして、残りの一週間をいいものに出来る様にしていこうと思っています。

□ 十月二十九日(月)A自習室
 もう明日で後期第一中間テスト一週間前です。みんなの中には、「余裕だ」って言う人や、慌て始めている人もいます。僕は、前期三回の定期テストで数学と国語の結果が伸びていないので、今回は数学と国語を重点的にやっています。
 僕は赤点をこのまま取り続けるのであれば、止める覚悟でいます。赤点を取り続けると言う事は、この学校で生きられないと言う事です。僕は、後期第一中間と第二中間に命を掛けます。この学校で生きていくためにも、しっかり勉強して弾みを付けたいと思っています。両親にも迷惑を掛けたくないので、ここで赤点ラッシュをストップさせたいです。
 今、ものすごく焦っていますが、まずは時間を惜しまずにしっかり勉強し、第一中間で一点でも多く取りたいと思います。「赤点を取らず三百六十点以上」を目標とし、テスト勉強を頑張っていきたいです。

□ 十月三十日(火)B自習室
 最近、中一寮生の中で、就寝時間に音楽プレーヤーを使用して音楽やラジオを聴いたりした人がいた。これらの人は、音楽プレーヤーを先生に没収されたが、きちんとルールを守っていれば没収される事はなかったと思う。そして、「なぜ、夜中や朝方に音楽やラジオを聴こうと思ったのか?」それが疑問である。この中一寮で、ルール違反やモラル違反が無くなる様にしたいです。
 そして、今日から後期第一中間テストの一週間前。以前のテストで赤点を取ってしまったので、今回は赤点をゼロに出来る様にしたいです。そのためにも、義務自習時間だけではなく、自習前や自習後の時間を上手く活用していきたいです。
 僕は、理科がすごく苦手なので、自分だけでやるのではなく、友達や先生に教えてもらったりして、理科の点数を上げていきたいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十月二十九日(月)B自習室
 三日前の十月二十六日、僕は体育のサッカー中にケガをしてしまいました。左足の親指が腫れて痛かったです。病院で診てもらうと、幸い骨は折れていませんでしたが、全治一週間の打撲でした。手などにケガをして勉強に支障が出るといけないので、気を付けたいです。
 十月二十七日には学力推移調査がありました。今回、数学で凡ミスをしてしまったので、前回よりも順位が落ちていると思います。終わってしまった事は仕方が無いので、一週間後に控える後期第一中間テストに向けて、出来る限りの対策をして、そこで学推の分も頑張りたいです。具体的には、僕は社会と国語が苦手なので、その二教科は八十点以上、英・数・理の三教科は九十点以上を取って、順位を上げたいです。
 ところで、後期になり生活チェック数がリセットされてからおよそ一か月が経ちました。僕はまだチェックゼロですが、既に五十個以上の人もほんの一部います。段々、チェックへの意識が低くなっているのではないかと思います。今からでも遅くないので、当たり前の事ですが、チェックを減らす努力をして欲しいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十月二十七日(土)A自習室
 学力推移調査が終わったからと言って、うかうかしているわけにはいかない。なぜなら約一週間後には後期第一中間テストがあるからだ。後期第一中間は、前期末テストの反省を活かして、高得点を狙っているからだ。だから、前期末テストで良い結果を取った人は、余裕をこいていては、あっという間に抜かれるだろう。
 話しは変わるが、今日はルヴァンカップというサッカーJリーグの大会の決勝戦があった。対戦カードは、ベルマーレとマリノスだった。僕自身は、マリノスが勝つだろうと思っていたが、サッカーはやってみないと分からないと思い知らされた。なぜなら、ベルマーレがマリノスを一対ゼロで破り、優勝したからである。まあ、前半からベルマーレは、前線から上手にプレッシャーを掛けて、マリノスを圧倒している時から、そんな気はしていた。だが、まさか本当にこうなるなんて、本当にサッカーはやらないと分からないものだ。

□ 十月二十七日(土)B自習室
 今日は学推だった。授業で解いた過去問が難しくて、正直自信が無かったが、本番では落ち着いて解いたら、そこそこ出来た。まあ、テストが終わったからいい。でも、後期第一中間テストがあるので、気を抜かずに努力をして行く。
 ところで最近、ちょっとした事で騒ぎになっている。人に暴力を振るったり、お金を盗むという様な事は無いが、就寝後に音楽機器を使用していたり、ちょっとした事でもめ事になったりしている。でも、先生が間に入ってすぐに収まる。
 今日、ラグビーの試合を見た。ニュージーランドVSオーストラリア、世界で最も強い国同士のライバルが戦った試合だった。結果は、オーストラリアが負けてしまったが、いい試合内容だったと思う。選手たちの素晴らしいプレーや、ニュージーランドではお馴染みの「ハカ」を見て、格好いいと思った。来年には、ラグビーのワールドカップがあるので、「出来れば観戦したいな~」と思った。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 今日は学校で避難訓練がありました。まず、七時間目の始めにサイレンが鳴って机の中に隠れました。その時、前にいたW君がでかすぎて納まっていなく、椅子も使っていました。揺れ(?)が収まる後に、先生の指示に従って避難しました。それで、外に出たらちょうど雨が降ってきて、雨のことを嫌いになりました。おかげさまで、上履きが汚くなりました。ちょっと悲しかったです。その後、学校の校舎にあった布で上履きを吹いて中に入りました。ですが、まだちょっと汚いです。でも、今回の避難訓練で、いろいろ学べました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十月二十四日(水)A自習室
 少しずつ後期第一中間テストが近付き、また今週の土曜日には学力推移調査もあり、僕も少しずつ自習時間を増やしています。
 そんな中、気になっている事は、ちょっとしたルールを守らなかったりする人がいる事です。外では信号が点滅しているのに渡る人がいたり、学校にウォ-クマンを持って来る人がいたりなどです。
 今、心配な事もあります。B自習室のM君が「虫垂炎」になり、手術した事です。先生は、「無事成功した。」と言っていましたので、何日か休んだ後、無事に病院から帰ってきて欲しいと思います。
 今回の学力推移調査では、僕は数学に心配がありますが、どうにかこうにか七十点は取りたいと思っています。調査後すぐに後期第一中間テストがあるので、そちらも気が抜けません。

□ 十月二十五日(木)A自習室
 タイムキーパーの仕事も流石に慣れてきた。それでも僕の心は落ち着いてはいない。なぜなら、「これを書いている時間があれば、テスト勉強をしていたい」と思っている自分が心の中にいるからだ。
 僕は、前期末テストでは「学年○○位」という自分では不本意な結果で終わってしまった。「教科数が多かった」という理由で、僕は片付けたくはない。なぜなら、ケアレスミスが多かったし、充分に力を発揮する事が出来なかったからだ。それでも今回は、二つのテストが連続してあります。どちらかで(出来れば両方)学年トップ三に入りたいです。

□ 十月二十六日(金)A自習室
 「学力推移調査まであと一日!!」なのだが、なぜ自習室で勉強している人が少ないのだろうか? やはり、この学年はテストに対する意識が低いのではないだろうか。特に、定期テストで赤点を取っている人が、勉強していない。再び赤点を取りたくないのいだろうが、「なぜその気持ちが勉強に向かないのか?」と思う。そして、寝室や自習室前ではしゃぎ、遊び、注意される人が目立っている。そんな余裕があるのなら少しでも勉強すれば良いのではと思う。
 勉強をしなくても高得点を取れる天才は、この学年にはいない。と言う事は、みんなそれなりの勉強量が必要なはずだ。この学校は中高一貫校なので、五年後の大学進学に向けて考える事が出来る良い学校です。だからこそ、大学進学に向けた勉強を積み重ねていかなくてはなりません。こんな状態のまま進級~卒業してしまっては、自分がここに来て叶えるべき夢も諦めてしまう事になります。「もう少し早く勉強していたら…」などという言葉は、この学年から聞こえて欲しくありません。まだ、後期第一中間には間に合います。こういう時こそ、気持ちを一度切り替えていって欲しいものです。

□ 十月二十六日(金)B自習室
 昨日、就寝後に音楽を聞いていた人達が発覚した。多分、そのほとんどの人が、寮生生活に慣れて、「バレなきゃ良い」などの油断からきたものだと思う。慣れて良いところもあると思うけど、悪いところが最近目立ってきた。まだ良い方向へ戻す事が出来ると思うので、ここをターニングポイントにして、より良い学年にしていきたいと思う。
 もう後期第一中間テストまで一週間となった。フィールドワークも終わってこれから大きな行事もないので、勉強に集中していきたい。第一中間前には学力推移調査があるので、まずはそれに向けて頑張って行きたい。
 最近、皆がまた緩んできたと思う。以前の点呼は二~三分前に集まってきていたけれど、最近は、数秒前にドタバタ来ている人が増えてきたと思う。五分前とかに来ている人達にとってかなり迷惑になっているので止めて欲しいと思う。時計を見て余裕を持って自習室に来て欲しい。そうすれば、覚えられる事も増えて、少しでも成績が上がると思うので、皆そうして欲しいと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 今日は最近の理科の授業について書こうと思う。僕たちの学年の理科はM先生が請け負っている。今は化学の分野を勉強しているが、今日はKrまでの元素を小テストのようにして位置と元素記号を聞かれたがこれは余裕だった。次回では少々増やしてくるそうだが、これも全くもって余裕である。しかし、次々回の授業では口答で回答するそうだ。例えば:「四周期十六族は?」:「Se(セレン)です」というようなことをやるそうだ。これは全くもって余裕ではない。怖い、怖すぎる。全員、立たせられて正解者から順に座っていく。そして残った一人にもし僕がなったら・・・。と思うと理科の授業に嫌気がさすが、理科は結構得意な方なのでもっと頑張って後期第一中間テストではもっと良い順位を取っていきたい。
 僕は今の化学の勉強でSc(スカンジウム)が好きになりました。なぜならば、とてつもなくお値段がするからです。金や白銀の比じゃありません。一度で良いから間近で見たいです。皆さんはどんな元素が好きですか?
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十月二十二日(月)A自習室
 今日は数学の授業の始めに「学力推移調査」についての話しが少しありました。今回の調査から英語も入るので、過去問を使ったりして範囲などを調べながら勉強して、偏差値六十位を目指して頑張りたいと思います。
 あと、今日学校で、「内職をしていた人がいた。」という話しを聞きました。僕も内職をしていた人を何回か見た事があるが、先生も注意しているのになぜしようとするのかが分からない。なぜなら、授業と関係のない勉強や宿題は家や寮に帰ってからやればいいし、授業ではテストに出る重要な事を話している場合があるからです。しかも、その様な事をする人に限って、注意しても止めないのでどうしようもないです。

□ 十月二十二日(月)A自習室
 今日は後期第一中間テストまであと約二週間です。そして、学推はもう直前です。今の内からどんどん勉強していき、自分の目標の「二十位以内に入る事」を実現させたいと重います。
 今日は野球もしました。野球はやっていて、楽しかったです。ちゃんと部活には区切りを付けて、新しい部活へと行きたいと思います。
 今日もまた充実した一日になったと思います。運動をしていると、とても楽しいので、勉強にも集中していきたいと思います。今週がいい一週間となる様にしたいです。今は入寮した頃の自分とは違って、成長していると思います。写真を見比べると、みんな入寮した時よりも顔が違います。

□ 十月二十二日(月)B自習室
 日に日に気温が下がってきました。学校や寮では長袖の人が多くなりましたが、まだ半袖で元気に活動している人もいます(自分を含めて)。
 最近、中一寮でははっきり言って、以前より「汚い・うるさい・危ない」感じです。汚いとはどう言う事か? それは、ベッドとベッドの間に物を捨てたり、掃除が雑と言う点で、うるさいとは、段々慣れてくるにつれて、声量を考えずに話していたり、走り回っている人が増えてきた事です。危ないとは、先程の様に走り回っていたり、クッションでサッカーをするなどしている人がおり、誰かに当たったら大変だと言う事です。
 この様に、悪いムードが出てきた中一寮はこれからどうすれば良いのだろうか? あと半年で僕らも先輩と言われる立場になるので、来年入寮してくる新中一生に悪い伝統を残さない様にしていきたいです。そのために、個々が注意し合っていきたいです。
 目指せ、憧れの先輩へ!!

□ 十月二十三日(火)A自習室
 最近の寮生活を見ていると、みんな少しずつ良くなってきていると思います。生活チェックがゼロの人も結構いるし、前期のチェック数が多くても、後期になって少なくなってきている人もいます。ゲームセンターへの立ち入りや、トレーディングカードやゲーム機などの持ち込み問題も起こりましたが、もう同じ失敗をみんなは起こさないと思います。また、掃除をサボる人も少なくなり、私物を置きっ放しにする人も一部になってきました。
 しかし、勉強面では真面目に取り組んでいる人がまだまだ少ないと思います。僕は成績が悪いので、人の事は言えませんが、土日などに自習室で勉強していても、数人しかいません。後期第一中間テスト二週間前近くなのに、こんなにも人数が少ないのは意識が低過ぎると思います。
 確かに、部活で忙しくて疲れているのかもしれないけれど、休みの日の時間の十分の一でも勉強時間に充てる様に工夫すべきだと思います。例えば、暗記ノートを作っておいて、暇な時や寝る前などに勉強すれば良いと思います。毎日やらなくても良いので、みんな少しずつやっていって欲しいです。
 また、学校で「勉強と生活の記録(前日の夜に記載しておくもの)を書いている人をよく見掛けますが、そういう人は勉強への意識が低い事がよく分かります。義務自習中に勉強以外の事をしている人もそうです。後期第一中間テストでは、みんなが順位を上げられる様に協力していく必要があると思います。

□ 十月二十三日(火)B自習室
 今日、約二週間ぶりにラグビーの練習があった。昨日三年生が引退し、二年生と一年生だけで練習をするのは今日からとなった。今日は主にモールゲームをやった。モールゲームとは、あえて狭いスペースの中でラグビーをするもので、タックルなどの練習が効率よく出来るという特徴がある。初めの内は、中々トライ出来なかったが、やって行く内に何本かトライ出来る様になった。転がったボールを素早く奪い、トライ出来たのもあった。
 この時、勉強が出来る様になれば、ラグビーも勉強が出来る様になった分だけ上手になると思った。今、自分の成績(総合)は下がったり、上がったりしているけれど、これが徐々に安定してきたらラグビーも上手になると思う。
勉強の成績を上げるためにも、今、自分は分からないところを無くすべく質問する様にしている。質問以外にも成績が上がる方法はあると思うけれど、それを見付けたら徹底してやる様にしたい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十月二十一日(日)A自習室
 今日は外泊から帰って来た。帰寮した後はすぐにサッカーの試合に行った。外泊先では少ししか勉強しなかったので、次の外泊時には一時間位は勉強時間を作りたい。
 前日のFWでは、あまり上手く発表が出来なかった。僕の班の発表全体は上手くいったのだが、僕は緊張し過ぎて早口になり、声が小さくなってしまった。なので、来年のFWは、この欠点を出来る限り直したい。
 サッカーの試合は土曜日と日曜日にあったが、どちらも負けてしまった。僕は出場出来なかったので、来年の試合では使ってもらえる様に頑張りたい。
 土曜日の夜は親と成績表を見ながら話しをした。成績はとても良いとは言えなかったので、残念だった。特に宗教・技術家庭科が出来なかった。授業を思い出すと、確かに後ろを向いたりしていたので、後期はそこを意識したい。国語は、第二中間と前期末はまあまあだったのだが、第一中間がダメだったので、そこは同じミスをしない様にしたい。他の教科はテストを受けに行くにしたがって、どんどん点数が落ちているので、後期は前期以上の勉強をして、テストで高得点が取れる様にしたい。今日はタイムキーパーの仕事を忘れていたので、次はそこも注意したい。

□ 十月二十一日(日)B自習室
 今日は外泊をしていました。お父さんとお母さんと昭和タウンプラザに行ったり、フランス料理を食べました。次に外泊する時は、誕生日の十一月九日なので、十一月十日~十一日に外泊するので、それまでに後期第一中間テストを頑張りたいです。
 午後は、K君たちと四人で野球をしました。ABの自習室に関係なく仲良く出来たので良かったです。その後、N君達とお風呂に入り、ご飯を食べました。
 私は、前期末では国語で大失敗をしています。漢文や古文の問題で沢山間違えたのです。これは、これからも勉強していくものなので、しっかり覚えたいです。他にも数学では問題を解く時間が足りず、試験時間に間に合いませんでした。私はしっかり間違った所を復習したいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十月十三日(土)A自習室
 私は、最近中一寮生が全体的に緩んできていると思います。思い返してみると、問題事が多かったり、生活チェック数が多い人がいるなど、様々な改善点が思い浮かびます。他にも寮内でボール(の様なもの十月七日(日)A自習室
 最近ある人のロッカー周りがいつ見ても汚い人がいます。その人がそこで食べたのか周りの人に配って、そこの人のロッカーで食べて捨てていったのかは分かりませんが、その人が食べていたのなら、きちんと捨てるなど後始末をすべきだし、他の人に配っていたのなら、そのゴミを捨てていった人に対して、ロッカーの使用者が注意すべきなので、まだそこを理解できていない人がいるのだなと思いました。
 また、他の話しですが、点呼の数秒前までイスの前に立ってギリギリになって座るという人がいます。それは自習前に集中出来ないので、止めて欲しいと思いました。
 四月当初には全くそんな事がなかったのに、今、そんな事になっているのは、だんだん
寮生活に慣れてきてだらしなくなってきているからだと思いました。だらしなくなっている部分を見付けたら、自分でも言うようにはしていますが、手に負えない場合、先生からも言って欲しいです。

□ 十月八日(月)A自習室
 長かった様で、終わってみれば短く感じてしまう。前期が終わり、昨日英検も終わった。後期第一中間テストは約一ヶ月先にある。皆、ゆっくり過ごす事が出来ていると言えるが、目標を失っているとも言える。どんな事があったかは知らないが、義務自習中に寝る人がいたり、勝手にB自習室の人がA自習室に入ったりする事がある。これでは、チューター団の方々が二ヶ月掛けて僕達の心に作ってくれた土台が意味を無くしてしまっていると思う。僕達の務めは、先輩に作ってもらった土台を崩すのではなく、より強くし、まだやった事のない新しい事に挑戦する事だと思う。しかし、今では「やっていいか分からない事(知らない事)」ではなく、「教えられた事」を守れなくなってしまっている。
 僕はこの様な事をする考えが分かりません。義務自習中に部活の疲れで眠気が来る事は、僕も何度か経験がありますが、「眠っても仕方がない」と思って寝ている人は、今すぐ部活を辞めるべきだと思う。まず、眠らないための準備や工夫をして欲しい。
 もう一つの事例として挙げた人は、これこそ理解が出来ない。「ばれなければ良い」と思っているのだろうけど、残念ながらこの様な人達は一回怒られたところで止めないと思います。
 僕がこの様な事を書かないで済む様な中一であって欲しい。

□ 十月十二日(金)A自習室
 昨日・今日とフィールドワークを人生で初めて経験し、とても楽しく、いい思い出が出来ました。昨日は函館の街を見て回って、僕の地元とは違うものが沢山ある事を知りました。また、面白いとも感じました。「路面電車は、こんなに低くてケガをした人はいないのかな?」とか、「何でわざわざバスみたいにしたんだろう?」とか、そういう疑問や、「昔の様な古さがなく、レトロな感じの街で面白いな。」という感情が沢山出てきました。このフィールドワークで、今まであまり話した事がない人とも少し話す事が出来ました。今日は、ずっと学校で映画を観て、発表用紙をまとめていました。
 来週は外泊するので、とても楽しみです。両親がこっちに来て、久し振りに家族四人で一緒だからです。その家族のためにもFW発表会を成功させたいです。中学生らしく発表して、両親に自慢したいです。
 明日やる予定の「中一寮・スポーツ大会」をやるのか、やらないのかが心配です。出来ればやりたいです。これ以上何かの問題が起こらない様に願っています。中一は何かのイベント前に問題が起きがちな気がします。一日、一日気を張って生活した方が良いと思います。

□ 十月十二日(金)B自習室
 最近の寮では大きなトラブルが多発しています。人間関係の事では、お互いの「勘違い」が元で起こっている事が多いと思います。他のトラブルでは、「生活のゆるみ」、「まあ、いいや」という軽い気持ちから起こっていると思います。
 悪い事をしていて、その事がばれた時に、「話し合わせる」人がいるという事を聞きましたが、先生に嘘を付いて、その嘘を隠そうとしてまた嘘を付くという悪循環になり、結果的に絶対ばれるので、嘘を付いても意味がないと思いました。
 つい最近のアッセンブリーで、「チクる」という事に関する話しがありました。僕はそれを聞き、「確かに」と思いました。よく考えると、「チクるのって、空気読めない奴!!」とか「チクった奴、まじウザイ!!」などと言っている人を時々見掛けます。今これを書いている僕自身も、「チクった奴、誰だよ?」とか、「チクリ魔過ぎる!!」などとつい言ってしまう事があります。
 でも、一番悪いのは、「チクられる事をしている人」だし、「チクる」のは寮生活をより良くするためなので、決して悪い事ではありません。逆に良い事だと僕は思います。ですから、絶対に悪口を言ってはいけないと感じました。

□ 十月十三日(土)A自習室
 私は最近中一寮生が全体的に緩んできていると思います。思い出してみると、問題事が多かったり、生活チェック数が多い人がいるなど、様々な改善点が思い浮かびます。他にもボール(の様なもの)を使ったり、寝室で騒いだりという人もいました。
 この前、先生に「チェックをされない様にするには?」と聞かれましたが。まずチェックは、付かないのが当たり前だと思います。ただ、人間は忘れる事もあるので、それで何個か付くという人もいると思います。しかし、中には百何個も付いている人もいるので不思議でなりません。チェックが付かないようにするには、信頼度も大切だと思います。但し、信頼を得るためには最初が肝心だと言えます。今から信頼を得るためには、入寮時の何倍も大変ですが、諦めずに頑張って欲しいです。そして、信頼を失うのは一瞬とも言うので、自分も気を付けたいです。
 時々思うのですが、「寝室は休む場所」、「自習室は勉強をする場所」という常識が「頭の中にないのかな?」という人がいます。正直、この様な人は自分も迷惑なので、今すぐに止めて欲しいです。他の人に迷惑を掛けたり、嫌な思いをさせたりしないというのが寮生の「暗黙の了解」だと思っているので、止めて欲しいです。それが出来る様な人が、空気を読める人だと思います。

□ 十月十四日(日)B自習室
 今日は六度目(?)のタイムキーパーだった。いつもであれば、周りの状況を見回して、反省点を見付けるのだが、今回は反省点がすぐに、いくつか挙げられる。中一寮では最近、急遽、アッセンブリーが行われるなどの、あまり良くない事が続いているからだ。それは主に「金銭トラブル」だ。
 そもそも、この様な問題はなぜ起こるのだろうか? それは、「気の緩み」が原因だと思う。というか、実際そうだろう。しかし、僕は「慣れる事」と「気の緩み」は別だと思う。入寮して慣れてきたから気が緩むではいけない。
「暴力行為」の問題も、ある人に対して遊び感覚で多数の人が関わっていたとして、アッセンブリーで取上げられた。これも、慣れてきたから友人に暴力を振るっても笑い事で済むでは駄目だ。
 人によって感じ方は異なる。「人からやられて嫌な事は、他人に絶対しない事」をモットーに入寮したわけだが、完璧に相手の気持ちを読む事は出来ない。しかし、多少は推し量る事が出来るのではないか? 
 先週は悪い事が目立つ一方、自主的に掃除をしたりする傾向が見受けられる。一見、簡単そうだが、実は結構難しい事だ。「慣れる」にも良い一面と悪い一面があるのかもしれないと思った。

□ 十月二十日(土)B自習室
 僕は今日から後期第一中間テストに向けて勉強と部活と寮生活を両立させようと思っています。そのためにもう一度、初心に戻って日常生活を一つ一つ丁寧にやろうと思います。
 なぜ初心に戻ろうと思ったのかというと、僕は寮則を破ってしまったからです。寮則を破ってしまい、このままでは、今まできちんと守れていた他のルールや、一日の行動まで乱れてしまうと思ったからです。
 そこで僕は、今日から次の事を次の事を目指します。まず一つ目は、心をきちんと改める事です(これは今日から行います)。二つ目に、これから日常生活を丁寧に行う事です。ここまでは十一月半ば位には完璧で慣れている様にします。そして三つ目は、そこから自分以外の周りも見て、今度は友達を注意する事が出来て、きちんと先生に報告出来る様になる事です。
 この三つの目的を冬休みまでに出来る様にして、気持ち良く中二のを迎えられる様にしたいです。勿論、これからも何か失敗する事があると思いますが、少なくとも今日までの失敗はもう二度としない様にしたいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十月十九日(金)A自習室
 僕がフィールドワークで一番思い出に残った事は、赤レンガ倉庫で英語を話すカップルに声を掛けられた事です。僕は今まで英語で他の人に声を掛けられた事がなかったので緊張しましたが、今思うと良い思い出になったので良かったです。
 そして、この話しには続きがあり、なんとこの外国人のカップルさんは、僕達が行ったあらゆる場所に登場したのです。二回目に会った時には、もうお互いの事を認識していて、三回目に会った時には、もう相手が僕達の行くルートを知っているのではないかという奇妙な気持ちさえ芽生えてきました。
 この様な、貴重な経験が出来たのは学校の先生方や、学校に通わせてくれている両親のお陰なので、これからは両親への感謝の気持ちを忘れないで学校生活を送っていきたいです。そして、明日のフィールドワーク発表会で失敗しない様に万全の状態で本番に臨みたいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十月十六日(火)A自習室
 「Great hopes make great men」、これは、イギリスの神学者トーマス・フューリーの言葉である。意味は「大きな希望は偉大な人物を作る」というものだ。この言葉を知った時、僕は「これが自分にとって大切な言葉だ。」と思った。この言葉を知っている人は、多分、中一寮生の中にはあまりいないと思う。毎日、次の結果を期待して努力するという事は、とても大切な事だと感じた。
 学校や寮での学習風景を見ていると、いつも真剣に勉強している人と、だらしなくて勉強に取り組もうとしない人たちに大きく分かれる。やはり、だらしなく勉強している人は、テストでも、あまり良い結果を残せていない者が大半だ。学力推移調査が近付いてきたが、今回のテストに向けて早めに対策をし始めている人は数人しかいない。
 僕は、寮での義務自習時間位しか勉強するタイミングがないので、時間を無駄にせず勉強しているが、周りに寝ている人もいる。義務自習の環境はやはり大切だと思うので、僕は以前から作ってきたペースを崩さず生活していきたいと思う。また、寮にいる皆が勉強に力を入れる事が出来る雰囲気になる事を願っている。

□ 十月十六日(火)B自習室
 最近思った事がありますい。何かと言うと、義務自習中に寝ている人が多いなという事です。中には堂々と寝る人もいたり、ついつい寝てしまう人もいると思いますが、私は寝るのは良い事ではないと思います。そこで、私が考えたのは、「義務自習の時間を朝と夜に分ける」というものです。起きる時間を早くして、寝る時間み早くすれば出来ると思います。
 この案のメリットとしては、夜の義務自習でその日の復習をして、翌朝の義務自習で前日に復習したところをもう一度やると、覚え易くなるのではないかと思います。夜は、部活等で疲れている人もいるので、朝と夜に分けるのは良いと思います。
 デメリットとしては、朝起きる時間が早くなった分だけ、学校の授業中に寝てしまう人が多くなる可能性があります。そうなると、逆効果になってしまうかもしれません。また、朝に弱いタイプの人は、義務自習中に寝てしまう可能性もあるので、そうこう考えていたら、朝でも夜でも変わらないと思えてきました。ですが、個人的には朝に勉強した方がリフレッシュした気持ちで出来るので、朝にやっても良いと思います。

□ 十月十七日(水)B自習室
 今週は部活が一週間ないため、自主練をするかニート生活をするか自由でしたが、僕は自主練を選びました。理由は、中三がいなくなった(引退した)ラグビー部を、中二と中一で背負わないといけないからです。また、背負っていくために、体も大きくならないといけないし、僕はポジションがFWなので、より体が大きくないといけないため、この一週間は沢山食べて大きくなりたいです。自慢ではないですが、自分は今回の遠征では唯一FWをポジションとして行く事が出来たので、これからもFWの代表になれる様に頑張りたいです。

□ 十月十八日(木)A自習室
 今日はフィールドワークの準備でした。三時間目から七時間目までありました。ちなみにフィールドワークでは、最初に北洋資料館という所で、昔の函館について説明してもらったり、船の体験をしました。次に、函館奉行所に行きましたが、中がリアルで綺麗にされていてすごかったです。パソコンでクイズ問題があったり、函館戦争の説明をしてもらったり、函館奉行所ができるまでの映像を見たりするなど色々体験しました。最後に五稜郭タワーに行き、展望階からの景色がすごく綺麗でした。そこでは、キーホルダーを買ったり、双眼鏡で函館ラ・サールをズームしてみました。今週土曜日の発表会では、いい発表が出来るように頑張りたいです。

□ 十月十八日(木)B自習室
 最近、全体的に細かい事が出来ていない気がします。例えば、朝点呼の前にベッドメイクをせずに点呼を受けたり、洗濯物が落ちているのに無視したり、自習室で私語をしたりなど、気になる事が沢山あります(僕も他人の事を言える立場ではありませんが…)。
 寮生活がしっかりしていないと、勉強にも悪影響が出てくると思います。逆に言えば、勉強に集中していないと、生活もだらしなくなっていくと思います。義務自習中に寝たり、勉強以外の事をしたりして注意されている人が一部いますが、有り得ない事だと思います。やはり、生活と勉強が両方出来ていないと、いい結果は出せないと思います。僕も寮生活を立て直して、いい結果を残していきたいです。
 今日は、フィールドワークの準備でした。発表会は二日後に迫っています。皆の興味がわく様な発表をする事はとても難しいですが、頑張っていきたいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 皆様、「バタフライ効果」というものを知っているだろうか。このことを簡単に説明すると、あることAが変化して、Aと全く関係のないBが影響を受けることである。これを僕たちサッカー部はコーチから教わった。
「考え方」が変われば「行動」が変わる
「行動」が変われば「習慣」が変わる
「習慣」が変われば「人格」が変わる
「人格」が変われば「運命」が変わる
「運命」が変われば「人生」が変わる
 つまり、小さな「考え方」が変わればのちに大きな「人生」が変わるのである。考え方を変えることとして、自習に対しての気持ちや姿勢だとすると、その少しのことを変えることだけで、将来医者になったり企業家になったりして、自分の人生が良くなるのだ。まずは自分の気持ちや姿勢を変えて生活していけばいい。そうすると、輝く将来が手に入るかも。



 サッカー部では、ミーティングの際に使う資料が存在する。そのミーティング資料には、自分の身が引き締まるような言葉がたくさん書かれている。その項目には、「今を生きる」「目標を持つ」「夢に終わりはない」「常に自分らしく」「後悔しない生き方を」「大切な仲間」「あきらめないこと」などが書かれている。この中でも僕が特にやらなきゃと思ったのが「自分を変える」。何かをしたいと思っているだけでは何もできない。「行動を起こすこと」「何かを変えることが必要」ということである。実際幾度となく僕は自分を変えようとしてきたが、ただ変わった自分を想像してワクワクしているだけだった。これを読んでいる人も経験があると思う。僕はこの資料に初めて目を通したときに、「次こそは変わろう」と思った。そして、サッカーを頑張って練習している。今まで通りの生活から抜けるには、本当に頑張らなければならない。まだまだ成長途中であり、これからも頑張って、小学校からサッカーをしている人に追いつき追い越したい。僕は挑戦し続ける。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 後期になり、学校と寮の両方で海外研修に関する話が一層増えている。そこで、研修を二ヶ月後に控える我々にとって二番目に不安な事である、アメリカ人との楽しい会話を実現させるため、外国人との英会話を盛り上げる、二つの方法を紹介したいと思う。
 一つ目は「外国人が持っている日本人」のイメージを利用こと。例えば「日本=小さい」という先入観などを利用すると良い。例文として次の通りである。
A:What's wrong? Don't you like steak?

B:I'm full. I'm used to eating Japanese size portions.

日本に限らず、母国のイメージを笑いに変えて話す人は多いようだ。
 二つ目は死語を使うこと。ネイティブスピーカーでさえも使わない死語をあえて日本人の私たちが使ってみることで、スクールバディから良い意味で一目置かれる存在となるだろう。注意点として恥ずかしそうな表情で言うと相手も突っ込みにくいので「ドヤ顔」で言う事。具体例として下記の通りだ。
Have a groovy weekend!・・・いかした週末を!

Okey dokey!・・・OK!

Fad!・・・すばらしい。
このように日本語での会話と同様にユーモアを交えて話せると自分に興味を持ってもらえるようだ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 今日は10月10日です。早いものでもう中旬に入りました。今日は高校の大会で先生がいなくオフだったのですが、友達と自主練習をしました。三時頃に四人で始め、最初にラリーをダブルスでしました。結構自分でもうまくなってきている気がするのですが、少しネットにかかることが多くて、狙いもあまり正確に定まらないことが多いので、もっと練習をしてミスを減らしていきたいと思います。その後に自宅生の友達と三ゲームの試合をしてみました。一ゲーム目はサーブもよく入り良かったのですが、二ゲーム目から先ほども言ったようなミスが多くなってしまい、三ゲーム目も同じようなミスで負けてしまい、自主練習とはいえ少し悔しかったです。その後にボールを片付け、四人でコンビニで(僕は買っていませんが)買い物をし、公園で食べ、少し遊んで六時前には帰寮しました。楽しい一日でした。
 さて、明日はフィールドワークがあります。僕の班は、Cグループで函館少年刑務所と海上自衛隊に行く予定です。どちらの楽しみです。これから一か月後にはテストがあります。今回の期末テストでは成績が下がってしまったので、今回は上がるように努力します。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十月六日(土)B自習室
 今日は学校から帰ってから、将棋をしました。いつもと違って今日は、覆面将棋というものをしました。覆面将棋は、相手のコマが見えない、不通の将棋では絶対に有り得ない事が起きます。例えば、飛車の目の前に歩があるのに放置したり、香車を打てば、相手の王を詰めるのに金を打ったりするなど、横から見ていてとても面白かったです!!
 他に影武者将棋という王の役割が、ランダムのコマに変わるという将棋です。この将棋だと、王で攻める事が出来るという、不思議な将棋になります。
 また、今日はテーブルテニス(卓球)もしました。卓球は正直自信が無かったのですが、「サーブは微妙だけど、神経は良いよ!!」と褒めてもらえたので良かったです。
 今日は土曜日で楽しかったです。明日と明後日も休日なので、楽しいといいです!!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十月六日(土)A自習室
 今夜、毎週土曜日のロッカーチェックがありました。僕は整理整頓ができていなかったので、三十分かけてロッカー内を整理しましたが、本音を言えばとてもきつかったです。
 テストが終わり、一週間近く経ちました。周辺からは緊張が解けた顔の人が多く見られます。やはり気持ちがふわっとしている人もいます。そういう人は忘れ物に気を付けて欲しいです。自分もふわっとしている所があるので気を付けたいです。
 学力推移調査まであと二十一日、後期第一中間テストまであと三十一日と、テストが終わっても次のテストがどんどん来るので、ふわっとしている場合ではないと考えた方がいいと思う。自習室のホワイトボードに「あと三十一日」などと書いてくれた人に感謝したいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十月五日(金)A自習室
 今は定期テストが終わり、みんなのんびりしているところです。最近、風呂場でお湯を掛け合って遊んだり、寝室でゴミを大量に放置して罰当番になっている人が一部見られる様になりました。また、態度がだらしない人も見られます。入寮当時は良かったのに、六ヵ月経ってだらしのない人が出てくるとは思いもよらなかったです。もう少し、しっかり生活した方が良いのではと思います。
 僕が気にしている事は、生活チェックの数です。つい最近、前期のランキングが張り出されましたが、数が百を超えている人もいれば、たったの四という人もいます。この差は何でしょうか? 百を超えている人は反省して改めているでしょうか? 後期が始まったので、自分自身も含め、そろそろけじめを付けないといけないと感じました。

□ 十月五日(金)A自習室
 自習室に積極的に入り、勉強するという姿勢がテスト一週間前までは見られたものの、テストが終わると、その姿勢は限りなく少ない。次のテスト(学力推移)まで二十二日しかないというのに、「安心し過ぎなのでは?」と思う。さらには、自習室でじゃれ合う姿や、平然と喋る人を朝の登校前などによく見掛ける。これは最近の事ではない。「勉強に対する姿勢が今回のテストだけでなく、過去の定期テストや実力テストなどの成績に大きく関わったのではないか?」と僕は考えます。もっと言うと、勉強だけでなく、生活面や人との関わり方も学力に関係すると思う。
 例えば、周りから目立とうとしているのか分からないが、バカな事をしてみたり、イタズラをしてみたりする人が一部いる。しかもそのイタズラは、限度を超えてしまっている場合もある。本人は目立とうとしているだが、実際はそんな事はなく、むしろ周りからの視線は冷たい。この一部の人を注意するだけで、この期はより良く変わる事が出来ると思う。それを全員に分かってもらいたい。

□ 十月五日(金)A自習室
 今日、前期末テストの点数と偏差値が書かれた結果を渡された。自分はというと、第二中間から成績を落としてしまった。実技教科は全て八割を超えたものの、満点を取る事ができなかった。また主要五教科も全て第二中間から点数を落とし、一つの教科では半分を切るものもあり、自分としては、かなり課題の残るテストだった。なので、次の十一月六日・七日にある後期第一中間テストでは、五教科全て七十点越え位を目標にしている。しかも今回は英語の対策プリントを作ったり、早めに動いているので、目標に向かって努力しようと思う。他にも、自分は義務自習中に寝てしまう事があるので、「寝た回数記録カード」というものを作っている。寝てしまった時、その日付、時間、科目を書いて、「この時間は寝やすい」という傾向を見付けるためのものだ。これを活用して、この時間は寝ない対策を取ろうと思う。
 テストとかの話しはこれ位にして、最近は空が青く、晴れているので、体育の時、校庭を使っている。そこで今やっているのが「キックベース」という遊び。自分は「キックベースは、ルールが分かりにくいものだろう。」思い、小学生の時は全くやらなかった(小学校の授業でも無かった)。なので、生まれて初めてやったけど、今ではルールも大まかに理解出来たので、すごく楽しくやっている。これを考えた人は「すごいな」と思う。なぜなら、通常の野球では、バットを使って小さい野球ボールを打つ事は素人では中々出来ないけれど、大きなボールを「蹴る」という動きにして簡単にするという斬新な考えいいと思った。もうすぐフィールドワークが近いので、勉強しながらも楽しんでいこうと思う。

□ 十月五日(金)B自習室
 今日はテニス部があった。久し振りで忘れている部分も多かったが、先生に打ち方の素振りをしてみろと言われて、やってみると意外に思い出す事が出来た。しかし、サーブの打ち方がおかしい様で、自分で気付く事も出来ないので、もっと練習して頑張り、自分で改善点を見付けられる様になりたい。
 そして、今度の日曜日には英検もあり、土曜日は部活もないので、英検に向けて頑張りたい。学校では前期末テストの成績結果が出たが、この前と同じ位で、ギリギリ十位以内に入れそうにないので、前に起きた事は考えず、次のテストに向けて社会を頑張りたい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十月三日(水)A自習室
 前期末テストも終わり、今はほとんどの人が肩の力を抜いて遊んでいる。今回のテストは十科目であるため、五教科が良くても、実技教科が悪かったら上位は狙えない。大体の人は、十教科バランス良く点を取っているが、人によっては偏っている人もいた。
 中には赤点で部活に行けないという人もいた。これは自己責任であるため、どうしろと言う事はできないが、ただ日頃からしっかり勉強してさえいれば防げる事だと思う。結局、今回のテストは、人によって色々と感情が変わるものとなった。

□ 十月三日(水)B自習室
 前期末テストと同時に今年度の半分も終わり、函館ラ・サール中学校での生活も区切りを迎えました。函館の街も、今ではけっこう遠くまで出掛けるようになり、この前の三連休では松風町の映画館で映画を見てきました。ちなみに映画は「コーヒーが冷めないうちに」で、とても感動しました。
 秋休み明けから始まった後期も、今日で三日目です。前期末テストの点数も全て返ってきました。前期末テストでは、第一中間・第二中間よりも範囲が広く、実技教科もあったので、テスト対策が中々大変でした。そのせいか、主要五教科も点数が下がっているものが多かったです。その代わり、実技教科は全て八割以上の点数が取れたので、初めての十教科テストにしては良くできたと思います。順位が出るのを楽しみにしたいです。
 半年間、この寮で過ごしてきたため、みんなの中で「悪い慣れ」が定着している気がします。例えば、ゴミを床に捨てたままだったり、点呼遅刻をしたりなど、入寮当時より多くなっていると思います。後期に入り、チェック数もリセットされたため、もう一度、チューターの先輩方がいた頃のように、初心に戻って生活して欲しいと思いました。

□ 十月四日(木)A自習室
 今週、寮で食べたおやつで一番美味しかったのは、一位が「リラックまん」、二位が「マックのポテトL」、三位が「じゃがりこのL」です。リラックまんは、肉まんみたいな感じで、リラックマの顔みたいな感じなので、少し食べるのが引けてきてしまいますが、食べるとチョコの味で、とても美味しいです。マックのポテトLは、今日久々に食べる事ができたので、とても美味しく感じました。じゃがりこのLは、チーズ味を食べました。普通サイズより大きいので、食べ応えがあり、とても美味しいです。
 こんな風に、近くのお店や、自分のお菓子でも色々と美味しい物があるので、もっと『美味しいものを探してみたいと思いました。

□ 十月四日(木)B自習室
 今日、五時間目のロングホームルームで、FWの僕の市電班の中で、四つの班を決めました。一つ目は、函館市電の歴史の事を調べる班、二つ目は、市電整備の事について調べる班、三つ目は市電全般の質問をまとめたり、他の班の手助けに回る班、四つ目は、市電沿線の名所(湯の川~谷地頭)を調べる班です。僕は、一つ目の函館市電の歴史について調べる班に入りました。この班のメンバーはS君とU君とW君と自分に決まった時、僕は心の中で「良いメンバーに恵まれて良かった」と叫びました。FWまであと六日なので質問する内容をしっかりまとめたいと思います。
 そして、前期末テストが終わったからと言って、気を抜いたり全く勉強しないという事にはならず、空いている時間にも勉強する習慣を付けて、次回のテストでは今回よりも良い点数を取れる様にします。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 もう中学校の半分が終わった。ここまでの一年半、あっという間だった。私としてはたくさんのことを経験した一年半であった。室長だったり、チューターだったり、人としての経験値を上げる機会に恵まれた。ただ、毎日が少し退屈で、浅はかな気がする。部活、勉強、部活、勉強で、楽しめていないと思う。外に遊びに行ってもすぐ「勉強しなきゃ」や、「部活の練習しよう」となってします。寮内ですることも、ボードゲームやトランプ、漫画のなど。毎日発展がない。中学校はあと一年半である。来年は中三。今までよりたくさんの刺激があると思う。最後の中体連や学園祭は、もっと楽しめると思う。海外研修・・・。高校に進学するとき地元の友達に「ラ・サール中楽しかった」と言えるように、残りの一つ一つの行事を全力で楽しみたい。また、その中で節度を保つなど、当然のことを守るのも大切だと思う。この学年は、非常に全体の仲が良くて歯止めが利かなくなることがあるので、そこだけは注意したい。
 前期末テストが終わった。今回はあまり良くなかった。少し勉強に対しての姿勢が甘くなったと思う。授業、自習、どちらも集中しておらず、勉強不足だったと思う。これからは、勉強に対する姿勢を改め、もっと高い成績をキープしたい。それと同時に、部活も頑張っていきたい。文武両道は難しいと思う。それを高いレベルで維持することで成長できると思うので一日一日を大切にしていきたい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 今日からまたブレザーを着るようになった。正直まだとても寒いとは言えない。
 今日台風が来るとは言っていたものの、強い風も吹いていない。学生として、「一時間目がなくなって勉強できない」と言わなければいけないのだろうが、一時間目がなくなることで、朝ゆっくり準備をすることができた。それによって、テストが返ってくるのが少なくなるが、問題はすべて持って行って答え合わせでもしようと思う。
 今日でもう中学校生活の半分が終わった。いや、終わってしまったと言った方がいいのかもしれない。これまでほとんど勉強をしてこなかった。テスト前も義務自習しかしていないので順位はいつも半分くらいだ。もう半年したら、またもう一学年後輩が増える。先輩として恥ずかしくない人になろうと思う。
 あと一か月もしたら第一中間テストがある。前回の反省を生かして頑張ろうと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十月二日(火)B自習室
 今日も大量の答案返却が行われ、OCの授業後にじっくり先生に聞いてみると、自分の点数が赤点ラインより低いという事が判明しました。「何で赤点取ったの?」と自問自答していて、辿り着いた答えは「こんなもんでいいでしょ。」と思って、テスト当日を迎えてしまった事でした。その後、「何が自分に足りないのか?」についても考えてみると、「自分への厳しさ」が足りないという事も分かりました。自分の甘さが導いた結果だと思うと、悔しいのと同時に、「なぜ僕は『本当にこれ位で大丈夫なのか?』と思わなかったのか?」という事で、頭の中が一杯になりました。
 僕はラグビー部員という事もあり、顧問の先生に相談しました。先生は「お前は勉強と部活を両立できる選手になれ。」と言ってくれたので嬉しかったです。なぜなら、自分は先生から期待されていると思ったからです。その期待に応えられるよう、少しずつでも生活を見直し、次のテストでは最高の点数を取って、部活を行えるようにしたい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 九月三十日(日)A自習室
 秋休みで人が少ない寮は何か寂しい。久し振りにほとんどの中一寮生が帰って来て、にぎやかさが戻ってきた様な気がします。もうだいぶ寮生活にも慣れてきて、時々トラブルも起きたりしますが、皆でそのトラブルを起こさないためにはどうすればいいのかを考えて生活するのが、この函館ラ・サール寮のとても良いところだと考えています。
 テストが終わって、みんなほんわかしてきて、物忘れが多かったりしています。そのあたりはもう少し気を付けて行動して欲しいと思いました。前期末テストの点数がまだ分からないので、明日に備えて今夜はゆっくり休もうと思います。

□ 九月三十日(日)B自習室
 前期テストが終わって四日が過ぎた。このテストは初めての三日間のテストだったのだが、僕はもうテストに慣れてしまったのか、日常とあまり変わらない感じだった。しかしながら、僕はテストを受けてみて、実技教科の大切さが分かった。僕は最初、主要五教科が大切だと思っていたけど、実技教科は主要教科に関わるものもあると思ったので、これからは実技教科も大切にしていきたい。
 前期末テストが終わって休むのは良いと思うけど、ある程度休んだら次のテストや英検対策等に切り替えて、良い結果を出したい。テストが終わって気が緩んでいる部分もあると思うので、少しでも早く頭を切り替えて、いつもの寮生活に戻していきたい。後期は前期より良い寮生活を送れる様に努力していきたい。

□ 十月一日(月)A自習室
 今日は久し振りに学校に行きました。後期が始まりましたが、そんなにゆっくり過ごす事が出来ません。なぜなら、十月二十七日には学力推移調査があり、十一月六日と七日には後期第一中間テストがあるからです。そして、二つのテストの前にFWと英検があるため、気を抜いていられる時間が無いからです。さらに言ってしまうと、前期の通知表はFW発表会の日(保護者会)に配られるので、全く安心できません。
 また、後期になったので、前期の反省点を踏まえて行動したいと思います。例えば、定期テスト対策をいつから始めればよいのか等です。前期第一中間・第二中間でミスの多かった教科もまだ完全に修正できていなので、後期のテストではミスを減らし、成績を上げたいと思います。

□ 十月一日(月)B自習室
 もう今日で十月だ。四月から九月までの六ヶ月間はあっと言う間に終わった。その終わりは前期の終わりを示した。前期末テストも終わり、今日からテストも返却されてきている。自分の事になるが、僕は明らかに順位が落ちた。その理由は油断と過信である。「ここまでやれば大丈夫」、「まぁ、今回も行けるでしょ」という思いが原因だと思う。僕は思った。「次のテストで順位を絶対に上げる」と。
 さて、そのためには一体何をすればよいのか?
一つ目は、油断をしない。二つ目は、努力を惜しまない。三つ目は、絶対に諦めない。この三つを実行すれば、前よりは成績が上がると思う。僕は、入試でも計算ミスをしていたので、ミスをしないようにしたい。ラグビー部の意地を見せてやる!!
| BLOG TOP |

copyright © 函館ラ・サール中学寮 all rights reserved.Powered by FC2ブログ