FC2ブログ

最近の記事


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

dormitory

Author:dormitory
函館ラ・サール学園寮
中学寮生日誌

寮生の生の声である「寮生日誌」を通して寮生活の様子を紹介するブログです。以前の寮ブログ「今日の一枚」を引きついで2013年4月21日に公開開始しました。
個人情報や寮生の個人的な相談事が記載されている日誌は掲載いたしません。また、内容に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。


無料サイトでの運用の為
「広告バナー」が
表示する場合があります。
本寮とは一切関係ありません。

管理者:清水 昌明


リンク


DATE: CATEGORY:中学2年生
 今日は講習5日目です。ついに明日帰省です。本当に楽しみです。冬休みは友達と後輩が家に泊まりに来ます。泊まった後、みんなでディズニーランドへ行きます。他にもゲームをしたり、こっちでは雪でできないサッカーもしたいです。夏休みから今まで色々なことがありました。例を挙げるとすれば、地震や球技大会などです。地震では生まれて初めて停電を体験しました。電気・水のない生活はとても大変でした。しかし、2日ほどで復旧したので良かったです。球技大会では、サッカーで優勝できたので良かったです。楽しかったです。冬休み後、サッカー部は地獄のトレーニングがあります。そこで体力をつけ、春からのリーグ戦全勝!と中体連優勝!をまず大きな目標として頑張ってトレーニングして、最強のサッカー部になりたいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十二月十九日(水)B自習室
 とうとう帰省まで二回夜を過ごせばという所まで来ました。この一年を思い返して今回の寮生日誌を僕は書いていこうと思います。まず四月、僕は嫌々この寮に来て初めは戸惑いしかなくて、なかなかみんなに声を掛けづらかったが、いきなり、「君、一緒に部活に入らない?」と、風呂場で話し掛けられたのだ。意味が分からず混乱していて「いいよ。」と言ってしまった。しかし、いざ入ってみたら、すごくいい部活で自分に合っているかもと思い日々が過ぎ、捻挫をして一度は退部を考えたりもした。その時、H君に相談して「頑張っていこうよ。」と言われ、しぶしぶ毎日練習に行き、次第に楽しさを分かる様になり、「仲間って大切だな。」と初めて思えました。
 勉強面では、最初につまずいてしまい悔しく、猛勉強したら学年三十位前後になり、そのままキープ出来ている状態です。
 生活面では、自分的には大きなトラブルは無く、色々な問題がありながらも平和に生活出来ています。仲間が二十四時間至近距離にいるからこそ、その良い味が出ているので、仲間と助け合い、競い合いながら年明けもいい雰囲気で全員が集まればいいなと思います。
 最後に「ドミトリィ」っぽくなってしまい、すみません(笑)。

□ 十二月二十日(木)A自習室
 明日から冬休みだと中一寮生は全員喜んでいます。という事で、今回はこの一年間を振り返りたいと思います。
 四月(入寮式・入学式)
~ この頃は、まだほとんどの人が小学生気分で函館ラ・サールにやってきました。ここから今日までは本当にあっという間でした。
 五月(第一中間テスト)
~ 初のテストという事で、ほとんどの生徒がピリピリしていました。
 七・八月(夏休み)
~ 中学最初の長期休暇だったので、ほとんどの生徒は地元で遊び倒したと思います。
 九月(球技大会)
~ 一組二組のどちらも三種目を全力で楽しめたと思います。
 十月(フィールドワーク、フィールドワーク発表会)
~ 函館市の知らない一面や、知らない場所などを見学し、それをまとめて発表するというのは、良い経験だったと思います。
 この様に今年はとても忙しかった一年でした。また来年も頑張っていきます。
 Mery Christmas and Happy New Year!!

□ 十二月二十日(木)B自習室
 後期第二中間テストが終わり、冬期講習も今日で五日目になります。応用コースでは主に、年明けに希望者のみが受けるZ会模試や学力推移調査などを意識した内容の問題を解いています。僕は第二中間テストであまり良い結果を残せませんでした。それは、一問一問の配転が高い数学で、数回凡ミスをしてしまったからです。高得点を取れるはずの問題だったので、余計悔しい思いをしました。僕は年明けにZ会模試を受ける予定です。冬休みはこの悔しい思いを模試対策にぶつけて、一点でも多く得点出来る様に尽力しようと思います。
 この講習中に、冬休みの課題が半分程終わりました。英語の問題集とプリント、数学のプリント、国語の社説の書き写し三日分です。冬休み課題に掛ける時間を少しでも減らそうと頑張った甲斐がありました。社会・理科・OCのレポートがまだ残っていますが、宿題を終わらせたお陰で、有意義な五日間を過ごす事が出来ました。
 明日で帰省ですが、二コマ目の授業まで気を抜かない様にして、今年最後の学校生活を気持ち良く終えたいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十二月十六日(日)A自習室
 今日は講習がありました。皆頑張っていましたが、自習時間中に寝ている人や、休み時間に騒いでいる人は怒られました。わざわざ講習で残っているのに、集中して勉強しないのであれば、残寮している意味がありません。なので、もっと講習を積極的に受けるべきだと思います。講習を受けない人はもう冬休みに入りましたが、残っている人はまだ五日あるので、どんどん冬休みの宿題を終わらせて欲しいです(僕も早く終わらせたいです)。
 もうこの寮に来てから八ヵ月ほど経ちますが、ほとんどの人が生活面でも中二になれる様になったと思います。しかし、一部の人がプレートやベッド上に物を放置したりする事でチェックが付いています。
 チェック数を見れば、その人のだらしなさがすぐに分かるので、気を付けて欲しいです。また、中二になったら罰当番は班単位となるので、中二になる時のためにしっかりチェック数を減らしていく様にして欲しいです。なので、冬休みにずっとだらだらしているのではなく、しっかりとした生活をして、帰寮した時にはだらしなさが直っている様にして欲しいです。

□ 十二月十六日(日)B自習室
 今日十二月十六日で帰省一週を切った。講習を受けない人はそれぞれの地元に帰っています。僕はこの一年間を振り返って思った。
 まず一月、僕は受験に燃えていた。二月、合格発表が終わり浮かれていた。三月、小学校の卒業式。四月、函館ラ・サール中学への入寮式・入学式。五月、GW、第一中間テスト。六月、函館山遠足。七月、第二中間テスト、中体連、学園祭、夏休み。九月、前期末テスト。十月、フィールドワーク。十一月、後期第一中間テスト。十二月、後期第二中間テスト、冬休み。この一年間、とても充実した年だったと思う。
 もうすぐ二〇一八年も終わり、二〇一九年。新たな年を良い年にするか、悪い年にするかは自分次第。皆、この冬休み中は遊びばかりではなく、二〇一九年の目標を立てて欲しい。最後に、「今年一年ありがとうございました。皆さん良いお年を!!」。

□ 十二月十七日(月)A自習室
 冬期講習が始まり、少しずつ冬休みも近付いてきました。皆も少しいつもよりテンションが高めな所もあります。だからこそ「気持ちをフワフワせずに冬休み前にしっかり勉強して帰ろう」と僕は思います。そして、冬休みの宿題という課題もあるので、出来る限り終わらせて帰りたいと思います。
 第二中間テストが終わり、一息つき、冬休みが近いこの時期が一番気が抜け易いと思いますが、ここでしっかりと宿題に取り組んでいれば、後でゆっくり出来る。やはり、頑張りたいと思うのですが、多少サボってしまうところが僕にはあります。この様な事を一つずつ直していき、自分の欠点を無くしていきたいです。

□ 十二月十七日(月)B自習室
 冬休みまであと四日になった。講習も二回目となり、段々と慣れてきた。あともう少しで冬休みなので、浮かれている人もいるだろう。しかしまだ四日間あるので、皆、浮かれず気を抜かず、勉強に集中して欲しいと思う。
 また最近、点呼時に自習室に駆け込む人が増えてきた。さらに遅刻する人もたまにいる。これも気が緩んでいるためだと思う。五分前に来ている人もいるから、その人たちのためにもギリギリに来るのではなく、最低二分前位には着席出来るよう心掛けて欲しいと思う。
 今年最後のテストが終わり、定期テストは次の学年末テストで最後になった。今まで良い結果を出せなかった人達は、この冬休みで色々な対策をすればきっとよい結果を出せると思うので、この冬休みは一日一日充実した日を過ごせたら良いと思う。

□ 十二月十八日(火)B自習室
 今日を入れて、帰省まであと三日、中にはあと二日という人もいて、気分はワクワクという人もいる。僕もその様な気持ちになりかけているが、今は今の事に集中したい。
 この冬期講習は夏期講習に比べて日数が多いが、僕は受講して良かったと一番に思う。なぜか? 理由は、二つある。
 一つ目は、やはり講習が楽しいという事である。特に国語。U先生は「楽しみながら学ばせてくれる」best teacherだと思う。先生は時々、可愛い子ぶったり、しかめっ面になったりなど、その物語の心情・情景などを自分を使って生徒に「分かり易く」教えてくれる。例えば、最近「かぐや姫」が出てくる「竹取物語」を勉強した。先生の演技がリアル過ぎてまいってしまう(楽しい)。
 そして二つ目は、「慣れ」である。前回の講習から二回目、さすがに慣れてきた。時間配分も分かってきたし、感覚が掴めてきたからである。
 最後に…。僕はラグビー部で時間的に厳しいが、自習中はすごく集中出来る。なぜかって? それは、冬休みを楽しく充実した日々にしたいからである。さぁ、キョウノジシュウモガンバルぞ(宿題)!!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十二月九日(日)A自習室
 とうとうやってきた第二中間テスト。以前にU君たちが提案してくれた「テスト二週間前から義務自習中の科目しばり無し」というのが、とても役に立っていると思う。しかしながら、それについて行けない人も見受けられる。「二週間前から頑張っているからテストも大丈夫」という自信を持っているせいか、寮則を守らなかったり、寝室ではしゃいでいる人が後期第一中間テストの時より二倍以上いる気がする。「そんな事」をしている人の事は、僕には全く関係ありませんが、「そんな事」で勉強の邪魔はしないでもらいたい。
 この様に、先ほどの提案にはメリットとデメリットがあると僕は思う。テスト前は、利己的に生活するのではなく、勉強して成績を上げるという事を視野に入れ、今回のテスト対策のデメリットをより改善出来る様になって欲しい。今の僕の気持ちは、現状では皆に言っても伝わらないだろう。一人一人がこの気持ちを持てる未来を僕はいつも願っている。

□ 十二月九日(日)B自習室
 明日は後期第二中間テストです。前期末と後期第一中間テストと振るわなかった僕ですが、今回はテスト一週間前になると、早起きをして勉強する事が出来ました。なので、明日からのテストでは以前のテストより、一点でも多く良い点を取りたいです。
 テスト初日は、国語・英語・理科です。国語では漢字が苦手なので、二十五問中最低でも半分以上取りたいです。英語は比較的出来る教科なので、スペル間違いをしない様にして挑みたいです。理科の範囲は、「音」と「力」です。どちらも計算問題が出てきます。毎回、計算間違いをしているので、早く正確に解答していきたいです。
 僕は、今までテストが終わる度に、朝学習をしようと思っていましたが、中々実行出来ませんでした。今回は先に述べたとおり、朝早くに勉強する事が出来ました。自分で言うのも何ですが、以前よりは成績が良くなる気がします。

□ 十二月十日(月)A自習室
 今日は第二中間テストでした。今回は冬休み前のテストだったので、結構勉強は頑張りました。今日のテストは、国語・英語・理科でした。英語は前回よりも出来たと思います。ただ、リスニング問題の最初だけ解けませんでした。国語は漢字が出ると分かっていて、きちんと練習していましたが、五~六問落としてしまいました。そこはかなり悔しいです。理科は最初の方は簡単でしたが、最後の問題が全然解けませんでした。他にも解けなかったと言っている人がいたので、平均点位は取れていたらいいと思います。
 明日のテストは社会と数学です。僕は社会が苦手なので、しっかりと勉強したいと思います。数学は関数なので、そんなに難しくはないと思いますが、毎回計算ミスが多いので、しっつかりと見直しをして高得点を目指したいです。良い成績を取って気持ち良く冬休みに入れるように頑張りたいです。

□ 十二月十日(月)B自習室
 今日はテスト一日目でした。英語は結構出来て、九十点以上は取れた感じでしたが、内容は難しかったです。国語は漢字は微妙でしたが、記述問題はそこそこ出来たかなという手応えでした。理科は今日の中では一番難しくて、左の方の問題はほとんど全部出来たのですが、最後の問題が難しかったです。
 今回は計画があります。それは、数学・英語・社会で九十点のプラスマイナス五点を狙うという作戦です。僕は今年のクリスマスプレゼントにニンテンドースイッチをお願いしようとしているので、これは結構、テスト勉強にはプラスになると思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 「あと一粒の涙でひと言の勇気で願いがかなうならその時が来るって僕は信じているから君もあきらめないでいて何度でもこの両手をあの空へ」これはFUNKY MONKEY BABYSの2010年に発表された「あとひとつ」の冒頭の歌詞だ。この曲を聴くと誰もが勇気づけられると思う。この歌詞は「あと一粒の涙」という言葉が出てきている。これは「あとひとつの悔しさ」を表すのだと思う。「ひと言の勇気」とは「あとひと言の仲間からの応援などで得られるもの」だと思う。どれだけあきらめないで努力をしても届かないものがあり、試合などで負けると悔しさになる。それこそが今の自分をより成長できる。「何度でもこの両手をあの空へ」とは「何度でも喜ぼう」ということだと思う。実際、私自身も試合にスタメンで出られなかったことやAメンバーの練習に混ぜてもらえなかったことがある。そういった時の悔しさをいかに利用するかで自分の成長の具合が変化すると思う。また、親からや友人からの「Aメンバーじゃないんだ」「下手くそ」といったマイナスの言葉や「上手になったね」「がんばれ」といったプラスの言葉がかかるが、そういった言葉をマイナスはバネにして、プラスは勇気にしていきたい。そして、最後には何度でもこの両手をあの空へ上げたい。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 今日の午前七時、中三はもう寮にいなかった。学校が終わり、私たちが寮に帰って来た時には彼らはすでに国際線の中だろう。そう、彼らは遂にアメリカへの研修に旅立ったのだ。そして、私たちのアメリカへのカウントダウンも始まったのだ。「本当にこんな英語力でいいのか」と不安になる。この前の中間テストでは満足できる点数だったし、英検も良い成績を取っているのだが、「それは日本の中の話でアメリカで求められる能力は自分には及ばないところなのではないか」という風に感じる。そして中間テストも三日前に迫っている。冬休みにもかかってくるので、明日明後日を大切にしようと思った。中二の時はちょうど中だるみの時期と言われている。自分もこの例外ではなく、勉強に対する意識が低くなってしまっている。しかもこの中学校は高校受験がないので、中三の時までその空気を持って行けてしまうため、勉強の意識が低いまま高校に入学してしまうことになる。先ほどの話に戻るが、中三のアメリカ研修のためにも、自分の勉強への意識を見直し、意識改革をしていくのが今の中二の課題ではなかろうかと思う今日であった。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
 今日は土曜日ですが、テスト週間だったため、部活が無いので、今日の午後はずっと自由時間でした。
 一部の人は勉強してましたが、一部の人は外出したり、漫画を見たりしていて全く勉強と関係ない事をしていました。テストまで三日前だと言うのに、緊張感を持っていない感じがして少し残念でした。
 第2中間テストが終われり、一週間ちょっとしたらすぐ冬休みになるので、今から楽しみです。冬休みを楽しく過ごせる様に、僕は今回のテストでベスト・テンに入る事を目標にしました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十二月七日(金)B自習室
 今日は学校で、教室の窓から中庭に向かって雪とかチョークを投げて、先生に怒られている人がいました。今日は久し振りに雪が降ったので、気持ちが昂るのは分からなくはありませんが、さすがにやり過ぎだと思いました。
 今日でテスト三日前となりました。もうすぐテストなのに、あまりテストという気がしないため、気を抜かずにしっかりと義務自習などに取り組みたいと思います。
また、朝、同じ部活でまとまって勉強するというのをテスト前はやっています。朝は寒いし、眠いけれど、前の日の授業や自習でやった事を振り返る事が出来るので、良いと思います。しかし、早起きをすると学校の授業が眠くなるので少し大変です。
 今週の土日でしっかりと勉強をして、月曜日からのテストに向けてラストスパートを掛けて行きたいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十二月五日(水)A自習室
 昨日は四日だったので、出席番号が四番の僕が沢山あてられて大変でした。とても恥ずかしかったです。後期第二中間テストもしっかり頑張って、後期第一中間と同じか、それ以上の成績を残し、家でゆっくり出来る様に頑張りたいです。僕は学校の冬期講習を受けずに帰省しますが、地元の塾の冬期講習へ通い、眼科を受診しなければなりません。U先生からも「英検四級以上を持っていないと大変だ」と言われているので、新年一月の英検の勉強もしたいのに…。
 僕は家に帰ってからやりたい事が沢山あります。テレビを見たいし、プラモデルを作りたいし、部屋の改造もしたいので、学校の宿題を早く終わらせて、自由時間を増やしたいです。また、帰省する途中で買いたい物もあるし、家に帰ってから買ってもらいたい物もあります。テストまであと六日、帰省まであと一週間という事なので、テストを頑張って、沢山褒めてもらいたいです。
 せっかくの北海道なのに雪がまったく積もっていないのは、とても残念です。冬休み前に一回でも真っ白い景色を見たいです。

□ 十二月五日(水)A自習室
 最近、待ち構えているビッグイベント、それは何と言っても、後期第二中間テストだろう。僕の考えでは、テストへの挑み方が大きく分けて三種類あると思う。一つ目は他者からやらされている場合、二つ目は自らやっている場合だ。
 一つ目のやらされている場合は、「テストで結果を残さなければこの学校に来た意味が無いので、しっかりテスト勉強に取り組む」という考え。
 二つ目のやっている場合は、「自ら将来などを考え、自主的に学習する」というものだ。
 三つ目は、「やる気の無い者」…。
 三つ目はさておき、一つ目と二つ目は共に向上意識があり、悪くないどころか良いと言えるだろう。しかし、一つ目は良いとは言い切れない。それは、一つ目と二つ目で向上意識の種類に差があるからである。つまり、自分から湧き出る意識なのか、環境が生んだ意識なのかの差だ。その差によって成績に差が出てくるのは、必然と言っても過言ではないと思う。
 ここまで書いたのは、これらを踏まえて感じた事があるのだ。それは、二つ目に挙げた「自主的に学習する」人が最近目立ってきている事だ。早朝だけでなく、寮内の所々を気に掛けていると、見えてきた事だ。中一寮全体として良い傾向にある。つまり、進歩していると言えるだろう。

□ 十一月六日(木)A自習室
 後期第二中間テストまであと四日となった今日ですが、自習室で勉強している人が少ないと思いました。寝室で友達と勉強するするのも良いとは思うのですが、寝室が騒がしくなるので、個人的には自習室で勉強していた方が集中出来るため、私は自習室で勉強をします。
 最近、「部活をやっていた方が勉強出来ていた」という人がいました。テスト一週間前では学校でも寮でも学習時間は多くなりますが、その分、集中力が切れるので、どちらかと言えば、普段の方が頭に入るという事もあるかと思います。要するに、「どれだけ一つの事に集中を持っていけるか」という事が大切だと思います。
 先日、学校で「第二中間テストは、冬休みを控えているので、やる気が出る」という話しを聞きましたが、私はこれは違うのではないかと思いました。私の場合、冬休みの事ばかり考えてしまうので、むしろ何にもない第一中間テストの方がやる気が出ました。ですから、今回は少し危機感を抱いています。時間を大切にして勉強したいです。
 中二の班決めから、一緒にいる人が決まってきた気がします。一人で居るよりは良い事だと思いますが、幅広く友達を持っておきたいとも思いました。

□ 十二月六日(木)B自習室
 今日、英語のテストがありましたが、僕はあまり出来ませんでした。それで今日の自習時間は英語を沢山勉強しました。
 テストまであと少し、冬休み帰省までも少しなので、気を引き締めて頑張って行こうと思います。朝勉(朝学習)もしっかりして行こうと思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 アメリカに行くまであと二日となった。心の中は八割は楽しみで二割が体調の心配をしている。
 体調の事で心配なことが2つある。一つ目は飛行機の中で酔わないでいられるかどうかだ。今まで国際線に乗る度に酔って吐いているので多分今回も吐いてしまうと思う…。一方で、機内では映画が見れるので楽しみではある。
二つ目は到着後に風邪を引かないで無事に帰ってこれるかということだ。この二つの事を無事に迎えることが出来たら冬休みを良いスタートで切れると思う。

無事、みなが帰ってこられることが第一だ。

DSC_9764s.jpg

DSC_9766s.jpg

_20181206_074928s.jpg


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十二月二日(日)A自習室
 今日は午前中に今年最後の部活があった。午後は時間があったので勉強した。第二中間テストまであと一週間と一日で、ちょっと焦っている。苦手な教科を無くし、成績を上げたい。
 昨日、来年の中二寮での班を決めた。なかなか人数が集まらなかったが、今日で確実に決まったので安心しました。中二寮ではより楽しく、より良い寮生活を目指したいので、班の人たちと協力し合いたいです。
 もうすぐ冬休みだけれど、気を抜かずに冬休みまで頑張って過ごしたい。

□ 十二月二日(日)B自習室
 テストまであと八日になりました。ちょっと僕は焦っております。正直あまり自信がありませんが、ラグビー部では赤点を取らない様にするために、朝早く起きて自習したり、みんなで問題を出し合ったりしています。これからもこの調子で勉強もラグビーも頑張って行きたいです。
 昨日、寮で来年の中二寮での班決めがありました。僕らの班は、既に話し合っていたので、すぐに決まりました。新たな班でも頑張りたいです。
 今日、Q君とコープに行きました。帰りにマクドナルドに行き、寮に帰ってテレビでラグビーの早明戦(早稲田大学VS明治大学)を見ました。明治は負けてしまったのですが、一トライ差で惜しいなと思いました。とても面白い試合でした。
 G君からシャーペンを借りました。持ち手が金色と白色で、黒と赤とシャーペンの多機能シャーペンです。すごく書き易いですが、使い方が難しくてまだよく分かりません。
 今日も超普通の一日でした。この普通の日常が、僕にとっては一番平和なのかもしれません。

□ 十二月三日(月)B自習室
 中三生の研修旅行が近い事もあり、自分の小学六年の修学旅行も一周年位という事で、その体験談を書きたいと思います。
 当時、僕たちは二泊三日の東京巡りで、一日目は、浅草・雷門に行った後、国立科学博物館、西洋美術館、江戸城(皇居)に行き、その後、東京タワー(ワンピースタワー)に行って、夜景を見ながら夕食を食べました。二日目は、朝からディズニーシーに行きました。三日目は、未来科学博物館に行きました。

□ 十二月四日(火)A自習室
 今日、T君がOCの時間にヴァイオリンを弾いてくれて、とても素晴らしかった。家庭科では、季節に合わせてクリスマスカードを作った。
 寮では来年の中二寮での班が決まり、そのメンバーで一緒にお風呂に行ったり、食事をしに行ったり、一緒に行動する事が多くなった。
 自習室では、テスト一週間前だからなのか、ちらほら勉強している人が見られる。また、寝室でも社会科の授業プリント(Erde)の問題を出し合っている人たちも見られた。
 テスト一週間前でかなり勉強を頑張っている人がいて、良い雰囲気だなと思った。

□ 十二月四日(火)B自習室
 あと少しで後期第二中間テストです。(僕が言える事ではないですが)やっぱりA自の方が自習室で勉強している人が多いと思います。ですが、B自の方は、朝起きて勉強している人が多くいると思います。また、A自にはあまりなく、B自にある良いところは、みんなで勉強しているところだと僕は思います。
 A自の人たちは一人で沢山勉強しており、B自の人たちは寝室などで社会の問題を出し合ったり、TVラウンジや多目的室で教え合って勉強しています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 あっという間に海外研修直前となってしまった。毎日が忙しく、気が付かないうちに日がたっていた。まだあまり準備ができていない。そろそろ考えなくては…。と思いながらまた一日一日と過ぎていく。アメリカのホームステイは初めての体験だ。言葉が通じなくても絵で伝えたり、体で表現をしたりして積極的に交流したいと思う。
 余談だが帝国ホテルの海外進出のチャンスだ。セールスマンではないが帝国ホテルの良さを研修先で十分に伝えていきたいと思う。しかし、冬休みが明けてからはもっと忙しくなるだろう。第二中間、入試、模試、学年末とテストが多い。冬休み明けは怠けずに頑張ろうと思う。アメリカの後には忘年会(帝国ホテル)、二次会(千疋屋)、三次会(ディズニー)で気持ちをリセットして充実した学習をしたいと思う。
 今年の北海道は十二月に入ってもほとんど雪が降っていない。東京の気温はどんな感じなのだろうか…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十二月一日(土)A自習室
 昨日、僕は旭川医大の吉田学長による大学説明会に行ってきた。主に高校三年生が多く参加していたが、一番前の最前列には中一の集団が見えた。この様な積極的な参加はとても良い事だと思う。吉田学長は、これからの入試改革や、先端医療の事についてお話ししていただいた。吉田学長は眼科を専門にしていて、世界で最も大きい学会に出席されたり、ハーバード大学と共に映像での手術をされたり、ロシアとの会談の際、医療について国を代表して話す事もあるそうです。経歴だけでも「すごい」と思える様な吉田学長の説明会はとても楽しいものだった。
 僕の中で最も興味が湧いたものは、遠隔医療だった。旭川医大は中国の政府と協力し、医者がいない地域でも診察出来る様にした。これは、世界に簡単に医療を広める方法だと思う。説明会を聞いていると、学長の偉大さというか、大きさというものが分かってきた。僕は、函館ラ・サールのOBにこの様な人がいる事に誇りを感じた。こんな大きな人になれる様に、日々勉学に励みたいと思う。

□ 十二月一日(土)B自習室
 時が過ぎて行くのを感じる。入寮したと思ったら、すぐ十二月、冬休み間近だ。そして、僕は昨日、函館中央病院から退院した。入院していると日にちなどは忘れてしまい、帰って来た時には「えっ!!もう!?」と、十二月に入った事に対してとても驚きました。入院生活はとても退屈で、早くN君、J君、S君、K君たちと遊びたかったです。もちろん、他のみんなとも。
 話しを元に戻しますが、もうあと少しで冬休み帰省です。この日を僕たちはとても楽しみにしていて、ある人は目標としてこの寮で過ごしてきました。Y先生は面白く、雑学の話しが興味深いので、みんなY先生の話しに夢中です。また空手の物真似も上手いです。テスト一週間前になると出金を防ぐ者として活躍しています。そして、I先生はとにかく優しいし、一緒にいて楽しいです。なぜかというと、僕たちが寝室でふざけていると、すぐ怒るというわけでなく、まずは一緒に乗ってくれて、それから軽く注意を促してくれます。もちろん、限度が過ぎている場合には厳しく指導しますが、どちらの先生も器が広く、私たち中一寮生の自慢の先生です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 もう明日で12月でなり、テストも帰省も近づいていて、早いもので今年も残すは一か月となりました。皆もう少しで帰省だと口々に言っています。僕もその中の一人ですが、帰省ばかりに目を向けていると10日後にある第二中間テストに足元をすくわれてしまいそうです。前回のテスト結果によって皆痛い目にあったので、今回こそは自宅生を抜きたいと思います。今年は昨年に比べて勇気が降るのが遅く、また量も少ないのであまり地面が凍らず少しありがたいです。
 僕は卓球部に入っているのですが、先日大会があり、その時とても嬉しいことがありました。それは他校の先生が「ラ・サールは昨年よりうまくなったな」と言ってくださったのです。そのことから、僕が目指している「文武両道」が昨年に比べてできているようになったのかなと思えました。今回のテストでも、僕から見たら皆早めに準備に取り掛かっていると思うので、もっと勉強と部活をしっかり両立していきたいです。
| BLOG TOP |

copyright © 函館ラ・サール中学寮 all rights reserved.Powered by FC2ブログ