FC2ブログ

最近の記事


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

dormitory

Author:dormitory
函館ラ・サール学園寮
中学寮生日誌

寮生の生の声である「寮生日誌」を通して寮生活の様子を紹介するブログです。以前の寮ブログ「今日の一枚」を引きついで2013年4月21日に公開開始しました。
個人情報や寮生の個人的な相談事が記載されている日誌は掲載いたしません。また、内容に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。


無料サイトでの運用の為
「広告バナー」が
表示する場合があります。
本寮とは一切関係ありません。

管理者:清水 昌明


リンク


DATE: CATEGORY:中学2年生
□ 十月二十五日(金)
 今週で定期テスト二週間前です。前回の学年末テストと比べると、テスト範囲が狭いからか、簡単に思えてしまいます。しかし、ここで気を抜くといつもの様に低い点数しか取れないので、いつも以上に勉強時間を増やしていいたいと思います。
 前期末テストで一番点数が悪かった社会は、「最終日(テスト前日)に暗記できていない」というのが原因でしたので、後期第一中間テスト対策として、前もって授業のプリントをノートに写し、毎日必ず覚える事に取り組んでいます。
 理科は、「プリント内容をノートに写す」というのは既に毎週の宿題となっているので、あとは復習して、問題集を二~三回解きたいと思っています。
 英語は、文法問題集の量が少ないので、二~三回は解けると思います。今までは授業内容を復習していなかったのですが、今回は授業内容をしっかり復習して臨みたいと思います。
 数学は、「確率」を勉強しています。僕は「数え方」というのがよく分からないので、授業内容を頭に入れて復習しようと思います。
後期第一中間テストだけでなく、今度の土・日には学力推移調査や駿台模試があるので、その対策もしなければなりません。

□ 十月二十六日(土)
 今日の午前中、学力推移調査があった。ほぼ全教科、時間が余りませんでした。特に国語は、最後の方になって問題を解くのに時間で焦り過ぎて、きちんと問題文を読まずに解いてしまった。もうちょっと、前半の漢字部分を早く解いていれば、時間を気にせずに解けたと思いました。
 昼からは、野球部の練習が外でありましたが、最初は根崎で行われた中学ラグビー部の試合を見に行きました。寮からそこまで走ったけれども余裕でした。ラグビーでは相手チームのがたいの凄さにびっくりしましたが、ラ・サールの皆も声を出して頑張っていました。その後、野球部で紅白戦を行いました。紅白戦は、僕的には結構楽しかったです。
 帰寮してからは、シーツの付け替えとベッドメイクを行うのを忘れました。今度からは面倒くさい事を先に行う様にしたいです。当たり前の事をきちんと出来る様になれば、生活は乱れなくなると思います。
スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
シーツの交換があり、あわただしい朝となりました。
気温は下がってきましたが、気持ち良く晴れています。
2019102401.jpg
2019102402.jpg
2019102403.jpg
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
□ 十月二十三日(水)
 さて、そろそろかな。僕達の試合が始まるのは。今週土曜日と日曜日にラグビーの大会がある。しかし、絶対に勝てるとは言えないが、僕達は勝つと思って試合に臨む。
 この大会の前に前期末テストがあった。このテストで赤点を取ったら、部のジャージを渡されない。言い換えると、この大会で参加、プレー出来ないという事である。しかし、赤点者が続出。それでも残ったプレーヤーでラグビーが出来るという事は、とても価値があるという事である。
 死ぬ気で守って、死ぬ気でアタックをする。僕達はデフェンスについて、波を起こす「PRESSURE WAVE」をしようと、アタックについては「ALWAYS ATTACK」をしようと練習で行ってきた。今までの全てをぶつけて、相手をまず気迫で圧倒する。そして、函館ラ・サールラグビーをする!!
 この様な感じで、今の僕は試合の事しか頭にないが、その翌週には、後期第一中間テストがある事を忘れてはならない。前回の前期末テストでは、順位が上がったので良かったが、自分が納得のいく順位ではなかったので、目標の学年二〇番以内を目指して努力を続けたいと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
□ 十月二十日(日)
 僕は十月十九日から十月二十日の間、外泊していました。フィールドワーク発表会をCグループのS先生の班と四班として成功させた満足感の後に外泊をしました。十月十九日(土)蔦屋書店に行くと、Y君・R君・N君・K君たちと会いました。僕の両親も驚いていました。
 僕は先日、英検三級を受けました。一次試験は自己採点で四八/六〇点で、八〇%は取れていました。六〇%程度で合格なので、嬉しかったです。十一月三日(日)に二次試験(面接)があるので、気を抜く事なく挑みたいです。
 さらに今週は、学力推移調査があるので、学年で三〇位以上を確保したいです。そのため、英・数・国をしっかり取り組みたいと思います。
 今、プロ野球日本シリーズが行われています。巨人対ソフトバンクです。僕も野球部なので、その試合から多くの事を学びたいです。昨日はソフトバンクが七対二で勝ちました。
 フィールドワークは無事終わりましたが、これからも勉強に集中していきたいです。

□ 十月二十一日(月)
 十月十九日(土)に札幌市の月寒ラグビー場にて、函館ラ・サール高と札幌山の手高の決勝戦が行われた。私はこの試合をテレビで観戦していたのだが、雨の中で選手たちがタックルをし続けている姿には感度をも覚えた。前半を終えてスコアは〇対〇、「このまま続けば勝てるかもしれない」。そう思ったのも束の間、後半が始まってすぐに得点され、その流れのまま山の手に負けてしまった。
 そして、十月二十日(日)のラグビーワールドカップ決勝リーグ、日本対南アフリカ戦。二〇一五年の大会でのテストマッチでは惨敗。しかし、プール戦では全勝し、勢いのまま挑んだのが昨日の試合だった。結果は、一トライも出来ずに敗北。やはり前回大会での勝利は奇跡だったのか…。ともあれ史上初のベスト八進出はとてもすごい事だと思う。四年後の大会でも頑張って欲しい。
 次の土曜日・日曜日は、中学ラグビー部にとっての決戦の日だ。初戦は、これまで幾度となく立ちはだかり、ラ・サールに勝ってきた秋田県の将軍野中学校だ。前回の試合では五二対一〇と惨敗している。この点差をどれだけ縮める事が出来るのか。そして、どれだけ点差をつけられるのか。とても楽しみな一戦である。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 今日の1,2時間目はカエルの解剖でした。やる前は皆「絶対無理~」とか「保健室行くかも~」とか、女子か!って思っちゃうようなことを言っていました。それとは裏腹に、皆ラストまで楽しんでいました。ウシガエルの解剖だったので、薄めの麻酔を使って動きを止めました。麻酔の匂いが納豆の腐った匂いみたいで気持ち悪かったです。血が飛び散ると思って、いらないTシャツで行ったのですが、全然血は飛ばず、皆楽しく解剖をしていました。肺を切り取って水を入れてみたり、目の中の水晶体を取ってみたりと、カエルにとっては地獄みたいな授業だったと思います。人ではなくても、生きている生き物を食べるわけでもないのに殺すというのは、やはり気持ちがいいものではありませんでした。いい経験になりました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
□ 十月八日(火)
 僕は最近、思った事がある。それは、「大切なものや人は、失った時にそれが大切なものだったと初めて気付くのだ」という事です。きっかけは、ある友達が転校したことだった。突然、その知らせを受けた時は、衝撃だった。自分の耳を疑ったが、それを現実だと受け止めた時は、何故かは分からなかったが泣きたくなった。その時の感情には後悔や悲しみなどの気持ちが入り混じっていた。だから僕は二度とこの様な気持ちならない様に、今を楽しんで、周りのものや人を大切にして生きてゆこうと思う。
 今日は学校でテストの順位入りの紙が渡された。見たくはない結果だったが、この様な結果で悔しいと思っても、次のテスト前になると、この気持ちを忘れてしまい、いい順位が取れない。この思いを継続させて、次のテストに挑みたい。何でも継続が出来ない人は、いい結果を残す事が出来ないという事が分かった。

□ 十月九日(水)
 前期末テストも終わり、もう後期も始まりました。十月には定期テストはありませんが、フィールドワークがあります。ちなみに、今年のフィールドワークの目標は「函館の仕事を知る」なので、今年は「仕事」がメインになります。
 僕は、C班の「食」の仕事について調べます。二日間に渡って「キュウリとトマトの協同選別施設」、「美鈴商事・珈琲焙煎工場」、「ラッキーピエロ・ベイエリア本店」、「ハセガワストア中道店」の四つを訪問します。
 この中で、ハセガワストアは特に「やきとり弁当」が有名です。それで、中道店では、「やきとり弁当」の作り方を体験出来るらしいので、とても楽しみにしています。ですが、焼き鳥を焼くにはちょっと熱いので、それは出来ないらしいです。さらに一日目の共同選別施設では、約二時間位くらい選別作業をやるので、頑張りたいと思っています。
 この様に、今回僕は「食」をテーマにしますが、メインは「仕事」なので、二つを関連させて二日間のフィールドワークを過ごしたいと思っています。来週土曜日には発表会もあるので、そちらも頑張りたいと思います。

□ 十月十三日(日)
 今日は日曜日、さらに明日も祝日なので、自由な時間が沢山ある。そこで僕はまず、フィールドワーク発表会の準備をしようと思う。発表会まであと六日ある。しかも二日間は特別に準備期間を設けられるが、これが長い様で意外と短い。去年のフィールドワークでは甘く見ていたせいで時間が無くなり、発表内容が薄くなり、クイズだらけになってしまった。去年は、発表会前日の午前中に模造紙作成と発表内容を完成させたが、今年はもう少しスピードアップさせて発表内容をもっと濃いものにしたい。
 そしてもう一つ、僕は前期末テストで終わってからの復習をしようと思う。僕は前期末テストでいつも勝っていた人に負けてしまった。このままだと先生方の言う「中弛み」なので、初心に返ってしっかりと授業の復習をして後期第一中間テストで良い成績を取りたいと思う。

□ 十月十六日(水)
 日が落ちるのも早くなり、雪虫も見掛ける様になり、朝もかなり冷え込む様になってきた。そんな中、時々ラウンジが急に熱くなる。ラグビーのワールドカップだ。決して多くの試合は見る事が出来ないが、それでも限られた時間の中で人だかりをつくっている。ベスト八に全勝で進出し、嬉しい中、台風のニュースが新聞の一面を埋める。最近は色々といそがしい。
 話は変わるのだが、寮でも大きな問題が立て続けに起きてしまった。持ち込み禁止物品が三件。いずれも電子機器である。なぜ持ってきてしまったのか? 一言で表せば、「欲に負けた」という事であろう。文章で書けばたったの一行にも満たないのだが、この一行にも満たない文は、とても重いものだろう。
 原点に返って考えてみると、そもそもこの寮に入った際の目標である「自立」とは、今回の原因である「欲」と深い繋がりがあるだろう。まずは、しっかりとした自制心を身に付け、「自分が何をしているのか」という事を改めて考える事が出来る様になっていきたいし、中二寮全体でそうしてゆく必要性があると考える。
 今回は、持ち込み禁止物品を就寝後に使用した生徒もいたらしい。これは、ラグビーで言うオフサイドとノックオンを同時にしてしまうノックオフサイドに等しく、重いペナルティと判断される。テストも三週間前を切った今、それに向かっても意識を向けていきたい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 最近急に気温が下がり肌寒くなってきた。夜遅くまで出かけていると、帰るころには上着を着ていないと唇が震えるくらい寒くなっている。まだ10月なのにこんなに寒いとは、さすが北海道だなと思う。もっと北の地域の旭川では、雪が降り始めていると聞いて驚いた。また、冬に近づくにつれインフルエンザが流行り始めている。中一にはすでに10人近くの人がインフルエンザに罹っている。ついこないだ中三にも1人の子がインフルエンザに罹ってしまった。僕は中一の時、雪中運動会(中止だったが)の日にインフルエンザで病室に入ってしまったため、せっかく家族が来てくれたのにまともに話せなかったという苦い思い出があるので、このような経験をもうしないためにもうがい手洗いを心がけてしていきたい。
 2日前くらいに前期末テストの成績表が返ってきた。順位は上がったので嬉しかったが、しょうもないミスを連発してしまったので本当に今回は後悔が残る。寮生対自宅生では、英語と数学がかなりの差で負けていたので焦っていたが、総合では勝ったので嬉しかった。また、班の成績も見事3位に入ることができて嬉しかった。あと一か月後には後期第一中間テストが待っている。コツコツと勉強を進めていきたい。
 後期になって僕はクラスの議長となった。議長になるのはこれが初めてだ。しっかりとクラスのみんなをまとめていこうと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
 今日は部活でドリブルの練習をしました。ドリブルだけでゲームをやるととてもつかれてけっこうキツかったけど何人かぬくことができました。でもシュートをうつことができなかったのでドリブルでぬいた後、シュートにつなぐことができるようなドリブルがしたいと思った。また、今日はジンガというワザを一から四までやったのですが、一と二以外できなかったので、他の人のプレーを見て出来るようにしてジンガで相手をぬくことができるようにしたい。そして、もう少し走っていられるようにスタミナをつけていこうと目標ができた。
 最近、インフルエンザがはやってきているので、自分の生活の管理をしっかりして自分の目標に少しでも近づけるようにがんばりたい。また、前期末が終わっても後期の中間テストも一ヵ月に一回ずつあるので部活や自主練と勉強をバランス良く両立させて冬休みまでいこうと今日考えました。そして、勉強はサッカーや他のスポーツでも大事な瞬時に自分はどうするのかという判断も必要だと思いました。勉強と部活を両立するためには、こういう接点について考え、どう動くかということが重要だと思い、明日から朝と放課後に目標に近づくため、この時間をサッカーにあてようと思いました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 もうそろそろ後期が始まって一週間になろうとしている。この一週間はとても大変だったと思う。例えば、前期末テストの返却。今回のテストはいつもより強化が多く、準備が大変だった。期末試験は五回目になるが、やはり大変だっただ。だが、今回のテストはその大変さが報われるような点数であった。過去三回の定期テストが良くなかっただけに、今回の結果は嬉しかったし、できれば久しぶりにトップテンに入っていることを願う。今回のテストは今まで以上に真剣にテスト勉強をした。今までより早く試験対策を始めた。その結果、今までのあまり点数の取れなかった教科でも高得点をとることができた。これも、やはり準備のおかげだと思う。準備が大切なのは勉強だけでなく、スポーツも同じである。普段何も練習しないで、急に結果を出すのはほぼ不可能に等しい。だからこそ、毎日の練習が大切だし、そこを大切にしている人こそ、大事な局面で結果を出しているのだと思う。だから、普段忙しくても何事にも全力を尽くすことが大切だと思う。だから、普段忙しくても、何事にも全力を尽くすことが大切だと思う。でも、そうすることが簡単ではないことは言うまでもない。急には無理でも、少しずつならできると思うし、将来のことを考えれば、今やるべきことは分かると思う。あと半年で高校生になるからこそ、身体だけでなく心も成長しなければならないと思う。あと二か月後には海外研修が控えている。この研修は中学校生活の集大成になると思うので、しっかり勉強すると共に、思いっきり楽しみたいと思う。そのためには、先を見据えた準備が必要になるので、あと二か月しっかりと海外研修の準備をしていきたい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学寮
土曜の夜の自由時間は、ラグビーの日本戦観戦で盛り上がりました。
2019100703.jpg
2019100701.jpg

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 今日9月30日は消費税8%最後の日である。消費税は平成元年4月に3%になってから、平成9年4月に5%、平成26年4月に8%と増税してきた。5年半ぶりの増税となる訳だが、今回の増税の特徴として軽減税率があげられるだろう。軽減税率の対象になるのは、外食とお酒を除く飲食品と、定期購読の新聞(週2回以上発行)である。日用雑貨や本、雑誌などは標準税率10%となる。私の印象としては、あまり寮内ではリアクションが薄いということだ。先ほど「もう最後の8%だよね」と言ったら、「まじで?」という返事が返ってきた。税金は見えにくいところだが、中学生でもしっかり視野に入れさせないと投票率の低下などを招く。寮の掲示板には新聞の朝刊の一面が掲示されている。その掲示を見ている人は一部だ。政治経済への関心が薄くなっているのは残念だ。寮生の買い物のメインとなるお菓子類やジュースは軽減税率の対象であるため、余計に意識しづらいのかもしれない。しかし、教養ある社会人になるためにも新聞を読み、日本が、世界が、宇宙がどうなっているのか知り、意見を持ち発信することが大切だ。「明日10月1日は国慶節だな」「父の誕生日だな」という頭が必要だと感じる。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 僕は中学になって小説を読むことにはまっています。小学生の時の小説に対する考えは、長くて読みにくくつまらないものだと思っていました。ですが、寮に入って暇な時間が増えた時、最初に暇つぶしに漫画をよく読んでいました。でもすぐに終わってしまい、何か物足りないなと思っているときに小説を読み始めました。小学生の時はつまらなくても、中学生になり読める感じも増えたことや時間ができたこともあり、小説を読むことにはまってしまいました。今では、興味ある小説なら平日でも2冊は読めるようになりました。また好きな小説家の人も見つけました。その作家は知念実希人さんといい、彼の書く小説には医療系ミステリーが多く、その中でも僕のお気に入りは「螺旋の手術室」という本です。また、作家は違いますが「桜のような僕の恋人」という最近読んだ小説も気に入っています。その本は、恋人がどんどん老化してしまう奇病に罹ってしまうという話で、僕が今まで読んだ本の中で一番感動させられ、心を動かされた小説です。正直、感動させられる小説と書かれていても、特にそこまで感動させられない小説が多いが、この小説はとても感動させられ、正直泣きそうになるくらいでした。是非とも読んでもらいたい一冊です。
| BLOG TOP |

copyright © 函館ラ・サール中学寮 all rights reserved.Powered by FC2ブログ