FC2ブログ

最近の記事


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

dormitory

Author:dormitory
函館ラ・サール学園寮
中学寮生日誌

寮生の生の声である「寮生日誌」を通して寮生活の様子を紹介するブログです。以前の寮ブログ「今日の一枚」を引きついで2013年4月21日に公開開始しました。
個人情報や寮生の個人的な相談事が記載されている日誌は掲載いたしません。また、内容に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。


無料サイトでの運用の為
「広告バナー」が
表示する場合があります。
本寮とは一切関係ありません。

管理者:清水 昌明


リンク


DATE: CATEGORY:中学チューター
□ 四月十五日(日) B自習室
 僕は前回のチューター日誌で、僕たちチューターの気のゆるみと、中一寮生の気のゆるみを指摘しました。僕自身、それは改善できていると思うし、中一もチェックは減ってきているのかな、と思います。更に今年の一年生は勉強熱心だなと思います。一年前、僕は土曜日に自習室にいて、勉強していた記憶がありません。これは自分でもいけないと思っています。先週、自習室当番で土曜日も自習室にいたのですが、全体の半分以上の人が勉強していて、本当にすごいなと思います。こういった姿勢を僕たちは謙虚に学んでゆく必要があると思いました。
 ただ、こういった良い傾向の中、見え隠れしているのが悪い習慣です。例えば今日、点呼遅刻した子の中に、「一緒に将棋をしていた子が片づけを手伝ってくれなかったから遅れた」という子がいました。遅れた子にも問題がありますが、一緒に遊んでいた子に問題があると僕は思います。自分が一緒に遊んでいたなら、何よりその子が手伝ってあげれば、点呼遅刻はしなくて済んだかもしれません。この寮生活で学べることの一つとして「協調性」が挙げられると思います。この寮にいる限り、寮生全体は一心同体なのです。大げさかもしれませんが、そうなのです。全員で同じ部屋に寝る。つまり、ゴミがあれば全員ゴミがある部屋で寝なくてはならないのです。虫がいれば、全員虫がいる部屋で寝るということになります。〇〇がやった、〇〇のせいで、ではなく、協力して、気をつけようなと声をかけあってゆくことが大切だと思います。顔も名前を初めて見た人達と一緒に生活します。当然ケンカがあったり、苦手な人がいたりします。僕だってたくさんケンカしたし、苦手な人だっています。だからといって、それを言い訳にして逃げるのはダメだと思います。社会に出たらもっと嫌な上司がいたり、だからって逃げて退社するのか、という話です。二年前「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマが流行しましたが、決してそんなことはなく、正面から向き合って乗り越えられることだってあります。逃げではなく攻めの一球を投げることで成長してゆけると思います。
 寮生活はまだ始まったばかり。頑張れ中学二十期!

□ 四月十六日(月) A自習室
 最近、朝晩と日中の気温差が大きく体調があまり良くない。あまり無理をせず、しっかり体調管理を心掛けたい。
 さて、今日気になったことは自習中の私語である。OCについて相談している子が今日は多数いた。個別に指導をしたが、あまり直らない。慣れてくることは良いけれど、悪い習慣が付かないようにしたいと思う。また、点呼に間に合わない人がとても多く感じた。A・B合わせて二十人以上いた。
 中々、一回言っても直す事ができないようだ。高校生の方では通じる事も、小学校を卒業したばかりの子どもたちには一つ一つ説明する必要があると感じた。大変ではあるが、粘り強く指導して行きたいと思う。
 友達との関係もだんだん深まってきている様子もある。これから、この寮で良い学年となるよう、良い方向に持っていけるようにしたい。
 GWまであと二週間弱。つらい事も沢山あったと思うが、入寮当初に比べると、どの子も成長していると思う。


copyright © 函館ラ・サール中学寮 all rights reserved.Powered by FC2ブログ