FC2ブログ

最近の記事


カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

dormitory

Author:dormitory
函館ラ・サール学園寮
中学寮生日誌

寮生の生の声である「寮生日誌」を通して寮生活の様子を紹介するブログです。以前の寮ブログ「今日の一枚」を引きついで2013年4月21日に公開開始しました。
個人情報や寮生の個人的な相談事が記載されている日誌は掲載いたしません。また、内容に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。


無料サイトでの運用の為
「広告バナー」が
表示する場合があります。
本寮とは一切関係ありません。

管理者:清水 昌明


リンク


DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 五月二十日(日)A自習室
 今日、風呂場で先輩たちが水を掛け合って床を濡らしてしまい、先生に怒られていました。いくら休日でテンションが上がっていても、あのように人に迷惑を掛けないようにしたいです。それと、昨日の掃除当番で方法を間違えてしまったので、今後気を付けます。
 今日は昭和タウンプラザまで行き、本をたくさん買ってきました。お金を使い過ぎなのではと思い残金を計算したら、そこまで使っておらず、もう少し買っておけばよかったと思いました。
 定期テストに関しては、今の所、平均点とほぼ同じ位なので、少しずつ少しずつ力を上げて、中三の頃には学年順位で上位に入り、高校生の時には無事に自分の志望大学に入れるよう努力していきたいです。
 最近、寝室が騒がしいのと、朝の自習室での私語が目立ちます。今後、そういう人を見掛けたら、きちんと注意していきたいです。

□ 五月二十一日(月)A自習室
 第一中間テストが終わり、ゆっくりしたいと思っていたら、第二中間テストまで一ヶ月となっていた。六月二日には外泊、六月五日には遠足が待っている。第二中間テストが終わったと思えば、三~四週間で学園祭になる。ゆっくりしたいけど、あまりゆっくりする暇もない。中学校のイメージがまた一つ変わった気がする。
 気が付けば、あと一週間で六月だ。本格的に部活が始まっていく中、段々と寮生活にも慣れてきて、四月ではなかった事が起きている気がする。例えば、人の物がなくなったり(後で見付かりはするが)、宿題を忘れるようになった人がいる。中学生の一員として、中学生らしく、小学生の時とは意識を変えて行動していかなければいけない。
 この様な日々の意識や行動が第一中間テストの結果として重くのしかかってくると思う。もう第二中間テストへの勉強が始まっているという事に気付かないと成績は上がらないだろう。

□ 五月二十一日(月)B自習室
 今日、僕は骨折をしてしまいました。正直、僕は一人で色々な事をこなせるか不安でした。でも、周りの友達が助けてくれました。僕は、この出来事で友達の大切さを改めて感じました。友達はお金で買えるものではありません。それは、この寮にいるからこそ、中学一年生の今、分かったのだと思います。
 「人にやられて嫌な事は自分もしない」という事は、人と人とが支え合、う大切な合言葉だと気付きました。これからの毎日を、時にはケンカもあると思いますが、この合言葉を忘れずに過ごしていきたいです。

□ 五月二十二日(火)A自習室
 最近は、寮に慣れてきた事で、だらしなくなってきている事があった。例えば、寝室や階段にゴミが落ちている事が多々ある。寝室や階段をきれいに使うという意識が薄いのだと思う。また、ベッドメイクのチェックも多く、空きベッドの問題も絶えない。こうした中、学校では部活が本格的に始まり、時間を有効に使う事が求められてきているので、全員で寮生活を見直し、勉強と部活を両立させながら全力で何事にも取り組みたい。さらに、私物・貴重品の管理でも問題があり、少し集団の雰囲気が悪くなってきているので、個々でもできる事をし、集団でも徐々に雰囲気を良くしていきたい。
 第二中間テストまで今日で一ヵ月なので、気を抜かずに義務自習に集中する。そのためにも、ベッドメイク等のチェックを受けない様に心掛け、高得点を目指したい。

□ 五月二十二日(火)B自習室
 もうゴールデンウィークから約一ヵ月が経ちました。次の第二中間テストに向けて勉強していきたいと思います。また、今日は午後六時まで部活が延長となり、お風呂と食事が大変でした。時間の管理もしっかりと自分で出来るようにしたいです。
 今日、学校の家庭科の時間に、僕たちは授業と関係のないお喋りをして怒られたので、次からはどの授業でも気を付けたいと思います。

copyright © 函館ラ・サール中学寮 all rights reserved.Powered by FC2ブログ