FC2ブログ

最近の記事


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

dormitory

Author:dormitory
函館ラ・サール学園寮
中学寮生日誌

寮生の生の声である「寮生日誌」を通して寮生活の様子を紹介するブログです。以前の寮ブログ「今日の一枚」を引きついで2013年4月21日に公開開始しました。
個人情報や寮生の個人的な相談事が記載されている日誌は掲載いたしません。また、内容に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。


無料サイトでの運用の為
「広告バナー」が
表示する場合があります。
本寮とは一切関係ありません。

管理者:清水 昌明


リンク


DATE: CATEGORY:中学3年生
「チューター活動はリーダーを育てるためにある。」、こうおっしゃったのは寮教諭の先生方だ。その通りだと思う。このチューター活動は、次世代のリーダーを、格好良く言えば、精鋭を育てるためにあると思う。もっとも僕は、少々調子に乗ってしまい、はしゃいだ挙げ句、説諭を受けたり批判されたりするのが常なのだが(笑)。
そんな僕が、ここまでチューターをやって来れたのには理由がある。一つ目は中一の存在。二つ目は寮教諭の存在。三つ目は同じチューター団の存在。これらが完璧な位に揃っていたからである。
 まず一つ目の中一の存在。毎回、僕の頭と胃を痛める原因となっていたが、それでも今まで出来なかった事が出来る様になった事への喜びと言ったら、紙一枚では表しきれないくらい大きい。光り輝く目、多くの生徒から出てくる義と忠と善の光、成長する姿、そして絶えない笑いという桜。どれもこれも僕の前へ進むエネルギーとなり、大いに励まされた。
 二つ目の寮教諭の先生方。どんなミスを犯そうとも、身を挺してかばって下さったり、自分の事を気遣って下さったり、本当に大きな支えとなって下さった。ここに感謝の意を示させて頂きたい。
 三つ目の中二・中三チューター団。良き仲間として僕の事を支えてくれた。本当に感謝している。
もうすぐ解団式である。長かった様な、短かった様な、そんなチューター活動であった。何度も辞めようと思ったが、それでも辞めなかったのは、やりがいがあった事と、大きな支えとなる存在があったからである。これらの内、どれか一つでも欠けていたら、今の僕はいない。本当に感謝している。
最後になるが、僕はこれほど楽しい経験をしたのは久し振りだ。僕を選んで下さった先生方、支えてくれたチューター団に感謝の意を述べたい。ありがとうございます。そして、チューター団、中一生、寮教諭の先生方に、幸と栄光と光がありますように!!
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 函館ラ・サール中学寮 all rights reserved.Powered by FC2ブログ