FC2ブログ

最近の記事


カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

dormitory

Author:dormitory
函館ラ・サール学園寮
中学寮生日誌

寮生の生の声である「寮生日誌」を通して寮生活の様子を紹介するブログです。以前の寮ブログ「今日の一枚」を引きついで2013年4月21日に公開開始しました。
個人情報や寮生の個人的な相談事が記載されている日誌は掲載いたしません。また、内容に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。


無料サイトでの運用の為
「広告バナー」が
表示する場合があります。
本寮とは一切関係ありません。

管理者:清水 昌明


リンク


DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 十二月十九日(水)B自習室
 とうとう帰省まで二回夜を過ごせばという所まで来ました。この一年を思い返して今回の寮生日誌を僕は書いていこうと思います。まず四月、僕は嫌々この寮に来て初めは戸惑いしかなくて、なかなかみんなに声を掛けづらかったが、いきなり、「君、一緒に部活に入らない?」と、風呂場で話し掛けられたのだ。意味が分からず混乱していて「いいよ。」と言ってしまった。しかし、いざ入ってみたら、すごくいい部活で自分に合っているかもと思い日々が過ぎ、捻挫をして一度は退部を考えたりもした。その時、H君に相談して「頑張っていこうよ。」と言われ、しぶしぶ毎日練習に行き、次第に楽しさを分かる様になり、「仲間って大切だな。」と初めて思えました。
 勉強面では、最初につまずいてしまい悔しく、猛勉強したら学年三十位前後になり、そのままキープ出来ている状態です。
 生活面では、自分的には大きなトラブルは無く、色々な問題がありながらも平和に生活出来ています。仲間が二十四時間至近距離にいるからこそ、その良い味が出ているので、仲間と助け合い、競い合いながら年明けもいい雰囲気で全員が集まればいいなと思います。
 最後に「ドミトリィ」っぽくなってしまい、すみません(笑)。

□ 十二月二十日(木)A自習室
 明日から冬休みだと中一寮生は全員喜んでいます。という事で、今回はこの一年間を振り返りたいと思います。
 四月(入寮式・入学式)
~ この頃は、まだほとんどの人が小学生気分で函館ラ・サールにやってきました。ここから今日までは本当にあっという間でした。
 五月(第一中間テスト)
~ 初のテストという事で、ほとんどの生徒がピリピリしていました。
 七・八月(夏休み)
~ 中学最初の長期休暇だったので、ほとんどの生徒は地元で遊び倒したと思います。
 九月(球技大会)
~ 一組二組のどちらも三種目を全力で楽しめたと思います。
 十月(フィールドワーク、フィールドワーク発表会)
~ 函館市の知らない一面や、知らない場所などを見学し、それをまとめて発表するというのは、良い経験だったと思います。
 この様に今年はとても忙しかった一年でした。また来年も頑張っていきます。
 Mery Christmas and Happy New Year!!

□ 十二月二十日(木)B自習室
 後期第二中間テストが終わり、冬期講習も今日で五日目になります。応用コースでは主に、年明けに希望者のみが受けるZ会模試や学力推移調査などを意識した内容の問題を解いています。僕は第二中間テストであまり良い結果を残せませんでした。それは、一問一問の配転が高い数学で、数回凡ミスをしてしまったからです。高得点を取れるはずの問題だったので、余計悔しい思いをしました。僕は年明けにZ会模試を受ける予定です。冬休みはこの悔しい思いを模試対策にぶつけて、一点でも多く得点出来る様に尽力しようと思います。
 この講習中に、冬休みの課題が半分程終わりました。英語の問題集とプリント、数学のプリント、国語の社説の書き写し三日分です。冬休み課題に掛ける時間を少しでも減らそうと頑張った甲斐がありました。社会・理科・OCのレポートがまだ残っていますが、宿題を終わらせたお陰で、有意義な五日間を過ごす事が出来ました。
 明日で帰省ですが、二コマ目の授業まで気を抜かない様にして、今年最後の学校生活を気持ち良く終えたいです。

copyright © 函館ラ・サール中学寮 all rights reserved.Powered by FC2ブログ