FC2ブログ

最近の記事


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

dormitory

Author:dormitory
函館ラ・サール学園寮
中学寮生日誌

寮生の生の声である「寮生日誌」を通して寮生活の様子を紹介するブログです。以前の寮ブログ「今日の一枚」を引きついで2013年4月21日に公開開始しました。
個人情報や寮生の個人的な相談事が記載されている日誌は掲載いたしません。また、内容に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。


無料サイトでの運用の為
「広告バナー」が
表示する場合があります。
本寮とは一切関係ありません。

管理者:清水 昌明


リンク


DATE: CATEGORY:中学2年生
 暗い寝室にやっと電気がついた。9月5日の地震で、「電気もつかない」「水も使えない」という状況になった。僕は初めての体験で戸惑ったりしたが、何とか2日間耐えられた。水が飲めないのは結構きつくて辛かったが、売店のおかげで救われた。今日の午後は外出OKになったので、友達と町の様子を見に行った。日吉町はまだ電気が通っていなく、ローソンもやっていなければ信号もついていなかった。産業道路をずっと通って行ったら、ツルハのあたりからだんだん電気がついていて、美原の方は店もやっていた。ドンキの方はほとんどやっていたが、ドンキだけ店に入れなかった。途中、雨も降っていたりと大変だったが、こういう経験ができてよかったと思う。道内ではまだ災害がやってくるというので、それに気を付けて生活したい。今回の生活を忘れずに、何かあったときは今回のことを思い出して災害に向き合いたい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 昨日、やっと電気が復旧した。今回の台風~地震~停電という災害を通して、今までの東日本大震災や、西日本豪雨に遭われた方々の大変さを実感した。
 電気がなくなると今までの便利だと思って利用していた物が一瞬で 単なる物へと変化した。これからは、このような自然災害への対策に重点を置くべきだと思う。
 ここで自分がどんな事をしたか、紹介したいと思う。まず、自分は朝 5時に勉強しようと二階に降りて給水機のボタンを押したが反応せず、違和感を感じた。自習室に入って電気をつけようとしたが点かないので、停電が起きたのだと その時分かった。その時は、すぐに復旧するものだと思っていた。それからは皆でトランプをして時間を潰し、停電が起きてから約2
日間で復旧し、皆が一斉に喜んだ。
 今回はいい経験をしたと自分は思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 九月五日(水)A自習室
 中一お待ちかねの球技大会まであと一週間を切りました。高校生は今日まで球技大会だったので「いいなぁ」と思っている人もいるかもしれません。僕は、サッカーでGKをやる事になりました。僕はサッカーでは、GKしか出来ないので、もし出来なかったらすごく困った事になります。でも、これからの人生ですごく大切な経験になると思い、サッカーを選びました。
 そんな事を言っている暇もなく、なんと、明日一組と練習試合となりました。しかし、GKをやるので、相手のシュートを何としてでも抑えなければなりません。そして、二組の優勝のため、頑張っていきたいです。「お前は、弱っちだ!」と言う人もいるかもしれませんが、例え、弱っちでも、根性はあります。だから、僕は根性を振り絞って頑張りたいです。僕は絶対に止めてみせます。

□ 九月五日(水)B自習室
 前期末テストまで、あと二十日。このようなプレッシャーを与えられながらも、コツコツと努力を惜しまない。僕はラグビー部だ。僕はこの部に入って本当に感謝した事があった。それは、一日ラグビーではなく、勉強日というものが設定されている事だ。この勉強日は、本気(ガチ)で良いと思う。普段、自習室でしか勉強できない科目以外の教科も、友達と問題を出し合って競い合えたり、自分の足りない所を教えてもらう事もできるからだ。このようなハンデを与えてもらっているので、しっかり努力した成果を出したい。
 ところで、最近、トラブルや悩み事、ケンカが少なくなってきている。これは、皆の性格や考え、行動が分かり、認め合えるようになったからだと思います。これからも、トラブルがなく平和でかつ、皆が楽しく生活できる中一寮にしていきたいです。

□ 九月六日(木)B自習室
 台風も直撃し、荒々しい気候が終わって寒さが増してきています。
 さて、前期末テストまで残り十九日となり、皆が焦ってきています。皆、目標を掲げ、本気で勉強することと思います。ゴルゴ松本さんが、TVでこんな事を言っていました。
「夢を実現させるには、必ず失敗が途中である。そして、折れてしまう奴もいる。しかし、そういう時は何でも口から吐け。『吐』という字は、口に+(プラス)-(マイナス)と書きます。これは、口から何でも吐き出していいこと。叫んでもいい。しかし、そこから夢を実現する人は、『+』の事しか言わなくなっていく。『-』の言葉を少しずつ少なくしていく。そうすると、『吐く→叶』になり、夢は叶っていく。」と。
 自分も第一中間テストで失敗して、泣いてしまいました。しかし、この言葉を思い出して、第二中間テストでは成功しました。皆にもこの言葉を知ってもらい、皆で頑張って赤点を取らずに笑って前期が終了する事を願っています。また自分自身も頑張って、ベスト二十に入れるようにします。

□ 九月七日(金)B自習室
 夏休みが明けて、およそ三週間になりました。「気の揺るみ」も完全になくなり、安定した学校生活・部活・寮生活が送れていると思います。また、前期末テストまでは、二十日間を切りました。第一・第二中間テストと違って、芸術教科なども増え、試験科目が倍になるので、今からコツコツ勉強しようと思います。
 僕はグリー部とテニス部を兼部しており、放課後に勉強する時間があまり無いので、早起きして朝の三十分や義務自習前の三十分など時間を見付けて勉強しています。これからの二十日間もそれを続けて、どの教科も平均点以上は取れる様にしたいです。第一.第二中間では、トップ十をぎりぎりキープ出来たので、前期末でも出来れば十位以上の点数を取りたいです。
 九月六日(木)の深夜三時八分に函館でも地震が起きました。停電したため、学校も休みとなり、少し不便な寮生活をする事になりました。水を汲み上げるポンプも動かず、トイレやシャワー、洗面所も一階の特定の場所でする事になっています。日が暮れてからは真っ暗で、何もする事が出来ないので、僕はラジオを聴きながらベッドで体を休めていました。電気が無いと、人は何も出来ないんだな~と、しみじみと感じる一日でした。九月七日の昼間になっても電気がまだ復旧していないので、早く復旧してくれると有り難いです。

□ 九月八日(土)A自習室
 地震の日から二日か三日が経った。今日は停電が終わり、トイレなどの時間の掛かる作業もなくなった。自分は電気がいかに生活を楽にしているかが、よーく分かった。しかし、新聞に載っていた函館の夜景では、電気が復旧している所と、していない所が見てとれた。電気の工事などに関わる方々は、これからも頑張って欲しい。
 今日は、部活が始まったところがいくつかあった。自分は部活がなかったので、寮のTVラウンジで卓球をしていた。昨日から卓球台を用意してくださっていたので、卓球部はなくても卓球が出来て良かった。
 昨日あたりから、十二時以降外出がOKだったが、自分は地震後、一歩も外に出ていないので、明日の日曜は外で散歩でもしようと思う。卓球をしていたから体が弱っていないと思うけど、日光を浴びてスイッチをオンにしたい。
 そう言えば、、勉強もあんまり手を付けていないので、日曜は義務自習意外の時間もちょっとは勉強しようと思う。
 地震の話しに戻るが、自分は今回のような強い揺れは、東日本大震災の時以来(ひょっとしたら震度五なので、あれよりも強かったかも、停電したし)だったので、夜揺れた時は「あれ? 死ぬかも!」と思って本当にびっくりした。

□ 九月八日(土)B自習室
 今日、午後からラグビーの練習が根崎公園でありました。二日間の停電から開放されて、「久し振りに練習ができる」と思いうれしかったです。内容は一対二、二対三、トラッキング、フルディフェンスの後に、フルアタックの練習があり、フルアタックでは前の練習の倍位、疲れてしまいました。なので、二日間の停電の時に、自主練習で筋トレをしっかりとしておけば良かったのになと、今は思っています。練習が終わった後、旅館の温泉に行きました。その温泉の風呂はとても熱かったのですが、結構、気持ち良かったです。
 前期末テストまで残り十七日しかないので、スキマ時間などを利用して、第一中間、第二中間のテストよりも範囲が広いし、実技教科もあるので、赤点を取らずに平均点よりも少しでいいから高い点数を取れるようにしていきたいです。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:その他
本日午前3時過ぎに発生した地震について、特に被害はありません。ご安心下さい。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 九月四日(火)A自習室
 今日はラグビー部の練習がありました。まず一対二をしました。一対二では、パスをして相手をかわす様な事をしました。次に三対二をしました。三対二では思う様にパスが出来たし、抜く事も出来たので良かったです。最後にフルアタックをしました。フルアタックは、Aチームがアタック、Bチームがディフェンスに分かれてやりました。僕はBチームだったけど、相手を押さえたりする事が出来たので、そこは良かったです。
 そして、Bチームがアタック、Aチームがディフェンスをしました。Bチームがアタックの時、パスをもらったけど、当たりに行く事が出来ませんでしたので、次はしっかりタックル出来る様に頑張りたいです。声も小さくて仲間に聞こえないので、声もを大きくする事を意識していきたいです。

□ 九月四日(火)B自習室
 夏休みが終わってもう二週間が経った。僕もダラけていた生活から完全に抜け出す事が出来た。だけど、まだダラけた生活から抜け出す事が出来ていない人もいる。その生活から早く抜け出さないと、自分に迷惑が掛かるし、皆にも迷惑が掛かってします。だから、自分の生活を一から見直していって欲しい。
 前期末テストまであと約三週間になった。今回のテストは副教科もあるので、より早く対策をしなければならない。だから、義務自習中に寝たり、ボーっとしたりするのは良くないと思う。ここで気を付けなければ、それが当たり前になると思うので、これからのテストでも直前に焦って勉強するという事も少なくなると思う。
 前期末テスト前までに球技大会など、楽しい行事もあるので、勉強と遊びのメリハリを付けて、勉強を頑張れれば良いと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
 今日はテスト三週間前になり、少しずつ勉強している人が、二つの自習室で増えてきた。期末は5教科に加えて数教科、増える。その分対策しなければいけない事も増えるので、中間テストと同じような感じでやっていたら間に合わない教科が出てきてしまいそうだ。
 高校の球技大会が今日、明日とあり 体育の授業がない。でも、台風が近づいてきて風が強く、時々雨も降っている。今日の夜から明日の朝に強い雨が降るらしい。学校には中を通って行けるので学校に行ける。なんだか嬉しいような残念なような気持ちになった。一週間後に、球技大会があり、最高学年なので優勝できるといいなぁ~。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
本日はくもり。下校時に少し雨の降った形跡があったような。小雨かなぁ。時間が経つのは非常に速いようで、もう既に午後五時十分頃だなぁ。本日は授業が七時限分あったけれど、実際、そんなに大変ではなかった。なぜなら、美術がそのうちのニ時限分を占めているから。今、美術ではゴム印なるものを制作している。楽しくないけれど、成績が下がるのも嫌なのでやるしかない。
 球技大会が近い。当日、雨が降ると延期になってしまう。くもりっぽい晴れが一番望ましい、なぜなら気温がさほど上がらないから。球技大会において、一年生ほど楽しめない学年はないんじゃないだろうか。上級生に ただ 圧倒的なフィジカル面での強さの違いを見せつけられて負けて、終わるだけ。まあ、それは毎年の事だし、二年生は下積みの年、として割り切ってしまうのがベストでしょう。しかし、今年は少しだけ違っていて、ドッチボールに関して一年生のコート上に立つ人数が14人か15人に対してニ、三年生は10人。人数上でのハンデを設けてみた。というのも、今年は一年生のクラス数が2クラス、と 少なく人数の調整が必要になったのが主な理由。そこの調整に際して、一年生にハンデを設けてあげた。まあ 結果はわからないけれど 取り敢えず頑張ってもらいたいねぇ。
他の競技は、というと 特にハンデは設けてないのが今のところ。やっぱり、人数が勝敗に直接的に大きく関係してくる。ドッチボールなら簡単だけれども、そうでないスポーツにおいて、人数以外の面で、すなわちルールを改変し、ハンデを設けるのは中々厳しい。ルールが複雑になると、誤審などのトラブルによって、試合の進行がスムーズにいかなくなる可能性がある。
 まあ、そういうのは一旦 置いておいて。球技大会での名物は、やっぱり 上級生からの下級生(特に中ニから中一)への挑発行為。一年前に上級生にやられた怨念を後輩に思う存分、ぶつけるわけなんだろう。まあ 人間とはそういった生き物なんだろう。きっと。
 ドンマイ。一年生よ。下積みさ。下積み。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 九月二日(日)A自習室
 昨日、ジンギスカン夕食会がありました。僕達の班は、肉をたくさんもらったので、助っ人も呼んで、最後まで残って焼き続けました。僕は、焼き係担当で、上手にジンギスカンを焼き上げる事ができました。色々と談笑しながら、肉を楽しく食べました。そうこうしている間に時間は過ぎて、他の班はもう後片付けをして解散している中、僕達は余った肉を使って雑炊を作ることにしました。
 まず、適度に焼けた肉(赤みが少し)をプレートの端に寄せて、肉汁で蒸し焼きにした後、そこに余ったご飯とキムチを全て入れ、水を足しました。数分待つと、とても良い感じの味の濃さで、肉の旨味がしみ込んでいて、とても美味しかったです。自分でも作ってみてとてもうれしく思いました。これを食べてみると、皆、口々に美味しいと言ってくれたので最高でした。お腹が一杯だった人も、我を忘れた様にたくさん食べてくれたので良かったです。肉も使い切りました。これなら来年も同じ様にキムチ雑炊を作って味わいたいと思いました。
 昨日はとても良い日でした。また、今日から前期末試験に向けて、一直線に進んで行こうと思います。

□ 九月二日(日)B自習室
 夏休みが終わって帰寮してから十五日が経ちました。そして、前期末テストまで、あと二十三日になりました。「期末テストに向けた目標と決意!」が自習室へ行く通路や、寝室に入った近くに掲示されていて、それを少し読んでみると、参考になる様な言葉があったりして、とても良いなぁと思いました。仲間と共有し合って頑張るという事は、とても良いなぁと思いました。
 今日は、ブックオフに行って、暗記するための本を買ってきました。ブックオフに行く途中で、多分なのですが「メジロの死骸」があって、すごく可哀そうでした。まだ死後経っていない様子で、今朝死んだのではないかと思いました。涙が出そうな一日でした。

□ 九月三日(月)A自習室
 球技大会まで残り約一週間となったが、一年二組はまだチームが決まっていない。それはなぜか? 理由は、決める時間が無かったからである。これでは体育でも分かれてやる事ができない。今年は、中一の初めての球技大会である。自分は、サッカー部であるため、サッカーに出ようと思っている。ただ僕自身、今回は中三より中二が強いと思っている。中二は、サッカー部のスタメンが七人もいて、また中一のラグビー部員によると、上手い人がいるらしいからである。逆に中三は、残念な事にスタメンが一人しかいない状態である。中一は、二組より一組に集まっていると思う。なぜなら、サッカー部でも一番上手い人、野球の上手い人等など、一組に多くいるからである。それでも勝てるようにするためには、奥深い作戦を立てる必要があると思っている。そうすれば、難敵の中二であろうと勝つ事ができると思っている。そして、最後は優勝して、歴代優勝組みに一年が優勝したという伝説を残したいと思っている。

□ 九月三日(月)B自習室
 最近のイベントでは、九月一日のジンギスカン夕食会がありました。中学一年生の皆で屋外でご飯を食べる事は初めてであり、皆、ワクワクしていました。内容は、とても良く、快晴に恵まれながら無事楽しく食べる事ができました。しかし、その楽しかったジンギスカン夕食会も、ある人の過度な騒ぎにより、一時は、先生の怒り声が響き、辺りは騒然。せっかくの楽しい雰囲気が崩れました。
 そこで僕は、その騒いだ人も悪いけど、一番悪いのは、怒られる前にそれを止めなかった自分達だったのではと思いました。彼をなぜ注意できずにいたのか? 皆がその事を考えて欲しいです。その友達を思いやる心によって、中一寮の雰囲気が良くなる事を願っています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
最近 やることがなく とても暇だ。自分は特に好きな事ややりたい事、趣味がほとんどない。どんなことをやっても特に楽しい、面白いなど 思わず、やる気をなくしたり、すぐに飽きたりする。ゲームでも同じである。だから将来の夢など全然ない。皆は何か好きなこと、趣味などがあって本当に楽しそうだ。しかし、自分にとってみれば そのようなことは どうでもいい。こんな自分の欠点といわれることが 暇な時間を作る原因なのだ。
 だが、自分はこの時間の多くを勉強に回している。この学校の人は自分の欲求を満たすために遊んでばかりだと思う。それが大学受験の実績に表れている。
 自分は東京大学に行きたいと思っている。だから そのような遊んでばかりの勉強しない人たちに影響されず、毎日、義務自習以外も勉強している。
 最近では本格的な英語の参考書や国語の参考書などを使って、まだ中3だが大学受験のための勉強をしている。この調子で続けていき、この学校では、とても受かるのに難しい大学も行けたらいいなと思う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 最近、卒業生の講演会が多くなっている。ついこの間には、北海道大学の卒業生が来た。北海道大学はどのくらいすごいところなのか、はじめは分からなかった。名前はお父さんから聞いたことがあったので、卒業生が来たとき、大体の場所や大きさは分かった。お父さんは北海道大学に行ってほしいらしいが、自分の本音はまだ大学のことはよく分からないので、行きたいとか行きたくないとかも言えない状況にある。自分のイメージでは、大学は基本自由で、授業をさぼっても怒られないと思っていた。しかし、本当は今の寮より過酷だった。卒業生は生徒の「今と昔の寮ではどちらが楽ですか?」という質問にこう答えた。「君たちは幸せものなのだ」と。その通りなのか。まだ僕には分らない。でもただ一つ分かることがある。それは何かを犯したとき、それを怒ってくれる人がいる。しかし、大学は怒ってくれる人がいない。それを乗り越えた人が本物の「大人」というものだと僕は思う。そういう心から「大人」というものに僕はなりたい。今はまだ未熟だが、この函館ラ・サールで心を「大人」にしていきたいと思う。
| BLOG TOP |

copyright © 函館ラ・サール中学寮 all rights reserved.Powered by FC2ブログ