FC2ブログ

最近の記事


カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

dormitory

Author:dormitory
函館ラ・サール学園寮
中学寮生日誌

寮生の生の声である「寮生日誌」を通して寮生活の様子を紹介するブログです。以前の寮ブログ「今日の一枚」を引きついで2013年4月21日に公開開始しました。
個人情報や寮生の個人的な相談事が記載されている日誌は掲載いたしません。また、内容に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。


無料サイトでの運用の為
「広告バナー」が
表示する場合があります。
本寮とは一切関係ありません。

管理者:清水 昌明


リンク


DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 二月十七日(日)A自習室
 最近は高校入試などの影響で休みの日が多く、先週は三日間しか授業が無いという、ゆったりした一週間でした。こんな時間のある時こそ、勉強をしたり、買い物に行ったりなどと、しなくてはいけない事を片付けた方が良いのですが、何故かそういう時に限って体が動きません。おそらく自分のやる気と執着心が足りないのだと思いますが、やはりまだ学年末テストに対する危機感が出て来てないと感じました。休日に周りを見ると、自習室で勉強している人もいれば、寝室で騒いでいる人もいます。勉強をする、しないは、その人の成績が上がるか、下がるかなので、損をする人はその人だけですが、周りで騒がれると、それは大変迷惑です。
 今回の学年末テストは、休みの日が多かったと言えども、今までで一番範囲が広いので、あと一週間と半分ほどの時間を有効に使って、より多く得点したいです。そのためにも、一日か二日位は、自習室にこもる様な日を作りたいです。

□ 二月十七日(日)B自習室
 今日は部活があった。二部錬だったけど、午後からは試合があった。午前の練習では、いつもとそれほど変わらない練習をした。タックル練習や、タックルをされた後の動きをやったりした。午後は試合があった。その試合の前に中一だけで、ラグビーの事とか、日常生活の事について話し合い、お互いに本音を言い合った。この様な機会はほとんど無かったので、良い時間を過ごせたと思う。
 そして、試合は高校生の先輩方とやった。中学のチームは一トライも取る事が出来ず、その上、高校生チームに沢山のトライを許してしまった。中学生と高校生のフィジカルの違いがはっきりと見えたが、僕たち中学生チームも高校生に対してしっかりとアップし、タックルに行けていたという点では良かったと思う。
 まだまだ出来ない事が多く、それを一つ一つクリアするには大変な努力をしなければならないと思うが、今年のチームにはそれが出来そうな気がする。なので、新中一が入ってきても、新中三が引退した後もどんどん進化していきたいと思う。

□ 二月十八日(月)A自習室
 今日は今までよりも暖かくなり、雪(氷)も少しずつ溶けてきました。
 学年末テストまで残る日数は九日。そして、学年末テストが終わると春休みになり、次は中学二年生としてこの寮に戻ってきます。中一としてのタイムキーパーや電話・脱衣所・掃除当番など、全てが最後になりかけていて、この中一寮での生活も終わりを迎えようとしています。
 そんな中、この学年の生徒達は最後の行事である「学年末テスト」に向けて、それぞれが勉強をしています。僕は早起きが苦手なのでしませんが、朝早くから自習室で勉強している人も沢山いるそうです。しかし、土曜日の昼位に中一の何人かはずっと卓球をしていました。中二・中三は全く見掛けなかったので、おそらくテスト勉強をしていたのだと思います。
 その事から、中一は勉強に対しての意識が高い人と低い人に分かれています。「この学年全員が勉強に対して積極的になり、良い成績を修めて中一を終わらせられる様になって欲しい」と僕は思っています。

□ 二月十八日(月)B自習室
 学年末テスト一週間前まで、残り二日です。今回は主要五教科の他に実技教科もあります。実技教科の中で音楽が苦手なので、平均点以上取れる様に暗記を頑張っていきたいです。主要五教科の中では理科と社会が苦手です。理科は、公式を覚えて計算を正確に解いていきたいです。社会は、毎回いい点数を取れていないので、重要なところを完璧に覚えてテストに挑みたいです。自信のある教科は、数学と保健体育です。数学の範囲は図形で、自信があるので安心です。保健体育は、保健分野をしっかり復習して、五十点満点中、四十点以上は取りたいです。赤点はとにかく取らない様にして、合計で六百五十点以上は取ります。

□ 二月十九日(火)A自習室
 だんだんと気温も暖かくなり、春休みも近付いてきました。しかし、この一年間で最も重大なテストである「学年末テスト」が一週間後にはあります。冬休み明けは休みが多く、授業数が少なかったけれど、いつもに増して範囲が広いので、今日から約一週間、全力で勉強に取り組みたい。
 とは思ったものの、実際あまり十分にテスト対策が進んでおらず、言い訳にもなってしまうが、勉強をしようと思っても、いつもボーっとしてしまうのだ。前回の定期テストは、非常に点数・順位が良かったので、今回のテストではさらに十位以内を目標にしているが、今の状態だと前回より悪い結果になりかねない。集中力の無い僕は、もっと勉強の力を付けていかなければいけない。
 今は、僕もみんなもテストに集中しなければいけないが、次はこれからの自分の勉強の欠点をもう一度よく見直して、また新しい中二のスタートを切れる様にこれから努力していきたいと思います。また、さらに良い結果を残していきたいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学3年生
二月二十日
 昨日移動が完了し、高校寮での生活が始まってから二日目になろうとしています。自分の部屋ではまだ片付けが終わりきっていないところがあり、帰ってきてからせっせと片付けをしていました。
 中学寮の大部屋生活が終わり、新しくきれいな個室(四人部屋)にはなりましたが、その分時間をしっかりと見なければ、今までは周りに合わせれば何とかなった点呼もそうはいかなくなったと思います。今日は偶然朝起きれて点呼に間に合いましたが、かなり危なかったので気を付けていきたいです。
 中学の卒業も近付いてきました。最後の学年末テストも残りあと一週間です。三年間の結果が出るテストだと思います。いつも通りの目標ではなく、もう一つ上を見て良い結果を残せるようにテスト勉強していきたいです。

001.jpg

002.jpg

003.jpg

004.jpg

写真は放課後の様子です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 二年生になってから気の緩みが大きい。三年になるにつれて気が引き締まっていくと思いきや、以前よりも緩んでしまっている。冬休み前にはゲームセンターに行っていることで怒られている人がおり、冬休み明けからは昨日もあせて四件、しかも試験二週間前にもかかわらずスマホを使う。以前持ち禁で怒られているのに。これはもう中毒だと思う。確かにスマホを使うこと、ゲームをすることは楽しいことだと思う。しかし、使う場所時間を間違えてはいけない。今、自習している生徒は四人程度。大丈夫なのか。テスト二週間前なのに。今のままだと自宅生に負けるのは目に見えている。もっと雰囲気を変えていくべきだ。
 話は変わって、この前四年ぶりの雪中運動会があった。雪の中で綱引きをしたり、四人五脚をしたりした。一番四人五脚が楽しかった。仲の良い人達と一緒に走り、コケることなくできた。一番速いのではないかというくらい僕たちは速かったと思う。この運動会で皆の絆が深まった気がする。いつもと変わらず授業をしているより、たまにはこのように皆で何か一つの目標として行動することがあっても良いと思う
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 二年生になってから気の緩みが大きい。三年になるにつれて気が引き締まっていくと思いきや、以前よりも緩んでしまっている。冬休み前にはゲームセンターに行っていることで怒られている人がおり、冬休み明けからは昨日もあせて四件、しかも試験二週間前にもかかわらずスマホを使う。以前持ち禁で怒られているのに。これはもう中毒だと思う。確かにスマホを使うこと、ゲームをすることは楽しいことだと思う。しかし、使う場所時間を間違えてはいけない。今、自習している生徒は四人程度。大丈夫なのか。テスト二週間前なのに。今のままだと自宅生に負けるのは目に見えている。もっと雰囲気を変えていくべきだ。
 話は変わって、この前四年ぶりの雪中運動会があった。雪の中で綱引きをしたり、四人五脚をしたりした。一番四人五脚が楽しかった。仲の良い人達と一緒に走り、コケることなくできた。一番速いのではないかというくらい僕たちは速かったと思う。この運動会で皆の絆が深まった気がする。いつもと変わらず授業をしているより、たまにはこのように皆で何か一つの目標として行動することがあっても良いと思う
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 二月十三日(水)B自習室
 何回目のタイムキーパーなのか考えると、もう中一寮で最後という事が判明して、悲しさ半分、楽しみ半分です。面白い時も悲しい時も一年間過ごしてきました。しかし、もう学年末テスト十四日前です。沢山の人が意識して勉強と向き合い、頑張っています。寮生活の良い点は、一人の生徒に火が点くと、周りの生徒にも火が点き易いという事です。なぜかA自習室よりB自習室の方が、毎回、定期テストの平均点が下回っているので、今回は遊びたい人達よりも勉強する人の数を多くして、学年末テストに向けて頑張って行こうと思います。
 この一年間、色々な事があったけれども、成長出来たし、自立も出来てきたと感じています。この様な事は親・家族がいてくれたからだと思っています。この場を借りて言いたいと思います。「ありがとう。本当に大好きだよ。」
 また、中二になって後輩ができても、恥ずかしくない生活をこれからも続けて行きたいです。そして、周囲の人達と仲良く協力して行こうと思います。

□ 二月十四日(木)A自習室
 今日は沢山の人が勉強をしていた。自習室はほとんどの人がいるくらい勉強していて、寝室では社会科のレポートを書いている人もいたし、理科の問題集をやっている人もいた。
一部の人は、卓球をしたりテレビを見ていましたが、大半の人は勉強に取り組んでいたので、雰囲気はとても良かったと思います。
 本当は、僕は映画を見に行こうと思っていたのですが、見ようとしていた映画が上映終了となっていて残念でした。そのお陰で時間がすっぽり空いたので、英語の文法問題集のレッスン十三がもう少しで終わるところまで出来ました。
 来週からはテスト一週間前になるので、理科・社会と実技教科も少しずつ取り組みたいと思います。

□ 二月十五日(金)B自習室
 今日は臨休でしたが、ダラダラともったいなく過ごしてしまったので、勉強にもしっかり取り組み、一日一日を大事にして行きたいと思います。
 最近、自分のロッカーに物が入り切らなくて困っています。不要な荷物を宅急便で送る時にどうすればよいのか、まだ今一つ分からないので、入寮時に貰った寮のルールブックをしっかり読み直し、もう一度初心に返ろうと思います。
 もう中学二年生になるのだから、もうちょっと成長したいと思っています。

□ 二月十六日(土)B自習室
 今日はいつも通り部活があり、その後にQ君のお誘いで寮の近くにある焼肉番長(通称ヤキバン)に行きました。ヤキバンでは、食事をしながらみんなとおしゃべりが出来て楽しかったです。明日は高校生と練習試合をする事が決まっていて、顧問の先生からは「負ける可能性が高いから、ディフェンスと数少ないアタックで頑張ろう!!」と言われたが、絶対、明日は勝ちたいです。なぜなら一度でいいから先生に逆らいたいし、一%の可能性を信じたいし、特に高校生に勝てたら絶対にうれしいからです。だから明日は、中学生が高校生を倒すという下克上を成し遂げたいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 二月十日(日)B自習室
 この寮生日誌を書こうとして、ふと手が止まった。いつもであれば、問題点を探して書いてゆくのだが、今回はそれが出来ないのだ。「これは悪い事なのか? 良い事なのか?」で考えたところ、僕は結果的に良い事なのではないかと思った。というのも、「問題点は自然に少なくなってゆくものではない」という僕自身の考えに基づいている。入寮して間もないならいざ知らず、基本的なルールを身に付けた今、「勝手にいきなり問題が減った」などと言う事は、ほとんど考えられない訳で、何か理由がある。個人的な意見だが、それは「自制心」が影響しているのではないか?
 新しく寮に後輩が入って来るシーズンに近付いた今、「もう一度自分を見つめ直し、個々の理想と言える先輩像に近付きつつある」事が、一つの理由として挙げられるのではないだろうか。「自制心」とは、辞書に「自分の感情や行動を省みて抑えること」とある。
 ここまで書いた様に、「問題点が減った」というのは、「他者の力を借りず、己の力で成し遂げた」という事になり、この事の意味は、想像以上にとても大きいものではないだろうか。また、己の力でこの進歩を成し遂げたという事は、また一歩自立に近付く事が出来たという事を表していると思った。
 一人ひとりの意識次第で寮の雰囲気が変化していく。それは、寮の短所であり、長所でもあると改めて感じた。

□ 二月十二日(火)B自習室
 私は、二月九日(土)~十一日(月)に掛けて外泊した際に、日本最大クラスの韓流街を有する、新大久保に行った。朝は横浜にいたため、東急東横線に乗って、渋谷まで行き、そこから山手線に乗り換え、新大久保駅の改札を出た途端、驚いた事が二つある。
 一つ目は、人種の多さである。日本人や韓国人はもちろん、親に、話している言語を確認してもらったところ、中国人やベトナム人、タイ人、フランス人、英米人、他にも幾つもの言語が飛び交っていた様である。
 僕の海外渡航回数は、同じ年代の人と比較した場合、それなりに多い部類には入るだろうし、各国の首都や都市を訪れた回数はかなりあると自負しているが、それと比べても非常にびっくりした事を記憶している。
 二つ目は、建物の並び方についてである。東京なら何処でもそうなのかもしれないが、例えば、店が一つあると、それがずっと通りを真っすぐ隙間なく建てられている。店内は、異様な程狭く、階段などは非常に狭く、急で危険である。どこの店に行ってもハングルが飛び交い、本場に来てしまったかの様に、ずっと耳を澄まして聞いていたが、最終的に聞き取れた会話は十にもいかなかった。
おやつで「マンゴーホンビン」と言うかき氷の様なものを食べました。とても美味しかったです。帰寮してからH君に尋ねたところ、台湾の「マングォビン」というものなんだそうです。文化の同じ点が垣間見えました。
今回の外泊は、全てをひっくるめて、とても良かったです。また新大久保に行きたいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 明日は雪中運動会である。昨年開催されなかったので、今年は非常にやってみたい。
 もう中二の二月である。ここまでの約二年、本当に短くあっという間であったが、その中でもたくさんのことを経験できた。これは本当にありがたくうれしいことだ。私はこれまでの経験したことを後輩に伝えることができるような中三になりたい。例えば部活である。私たちは七月の中体連で引退だ。そこからは今の中一が部活を引っ張っていかなければならない。なので、私たちはあと六か月もない中で中一へ部活の引継ぎをしなければならない。部活だけではなく、私が最も重視しているのがチューター活動である。私はこの伝統的な活動を続けるのは本当に大変だと思う。前年のチューターを経験したからと言って翌年も経験できるとは限らない。そのような中、二回目を中三の時にできるのは本当にうれしいことだ。昨年経験している身として、私は昨年との違いや昨年はどうだったのかを伝える義務があると思っている。今回のチューターは経験者が二人だけという状況だが、私たち二人が他の十二人に伝えていく必要がある。私は自分自身の生活や中一との接し方などでチューターとしてのあり方を示したいと思っている。大変ではあるが、本当に楽しい仕事で、今までの自分がどうだったのかを振り返る良い機会である。しっかり責任を持ってチューターの仕事を全うしたい。
 おそらくこれが中二で書く最後の寮生日誌になる。私がこの一年、寮生活をしてこれたのは両親や寮の先生方のおかげである。本当に感謝したい。ありがとうございます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 二月五日(火)A自習室
 今日は、ラグビー部の練習があった。ラグビー部では最初、パスなどの練習をした後、階段ダッシュをし、その後、ゲームみたいなものをした。それは、一分間守り切るのを十回出来ればクリアというものだったけれど、予想以上に苦戦してしまい、結構時間が掛かって大変だった。明日は、小田さんのトレーニングなので、足首にも気を付けていきたい。
 そして、のうすぐ学年末試験があるので、赤点を取らない様に勉強しながら、ラグビーもしていきたい。多分、義務自習だけでは勉強時間が足りないと思うので、自習以外の時間も頑張って勉強したい。

□ 二月五日(火)B自習室
 今日は『花咲舞が黙っていない』という小説を読んだ。テレビドラマ化されたものでは「あの、お言葉ですが…」という名台詞があるが、小説には無かった。しかし、小説版ではドラマ版とは違い、様々な説明が入っており、とても面白かった。
 他にも、英検準二級を受け、まだ合否は分からないが、面接の参考書が届いた。面接は得意なので大丈夫だとは思うが、とりあえず筆記試験が受かってなければ、何とも言えないので、今は結果を待つしかない。
そして、今日は社会科の勉強をするつもりだったのだが、小説を読んでしまい出来なかった。前期末試験の中で、僕は美術がとても苦手で、この前のレタリングでも、自分が思っていた以上に結果が悪かったので、とりあえず、前回同様に赤点だけは取らない様にし、何とか他の技術・家庭などの暗記教科だけで勝負したいと思う。

□ 二月六日(水)A自習室
 一月に帰寮したと思っていたら、今日で学年末テストまであと二十日となりました。実技教科も入ってくるので、しっかり早めに勉強しなければなりません。でも、行事や休みが入ってくるので、「楽しむ事」と「勉強する事」をしっかり切り替えなければなりません。テスト二十日前には準備を開始したいです。
 これから中二に進級するので、中一よりもっと素晴らしい自分になれたら良いと思います。そして、理想の自分に近付く事が必要だと思います。生活・勉強・部活の三要素が確実に出来る人は、憧れる存在だと思います。その人に少しずつ近付けられる様に僕も頑張りたいです。そうなれたら、函館ラ・サールでの生活は安定すると思います。
 まずはテストに向けて問題を着実にこなしていきたいと思います。全教科、平均点越えを目指します。

□ 二月六日(水)B自習室
 この度、僕はインフルエンザに罹ってしまい、一月三十日まで出席停止となり、苦しい思いをしたので、これからはいつも以上に体調管理をしっかりしていきたいと思います。
 二月九日(土)にある「雪中運動会」はとても楽しみに思っています。天候次第なので、実施されるかどうかは分からないけれど、綱引き、四人五脚、そりリレーなどの競技があり、過去四年間中止となっていた行事なので、とても楽しみにしています。
 次は学年末テストについてです。もう二十日程度しかないので、普段のテストより教科数も多いので、いつもより早め早めの行動をしていきたいです。もうすぐ、中二寮への部屋移動があるので、多くなってきた本類を少しずつ家に持って帰ろうと思います。

□ 二月七日(木)A自習室
 僕達は今日、理科部でホットケーキを作ろうとしました。昨日も作ろうとしたのですが、失敗したので、今日も作る事になりました。作り方は、容器に二つの金属板を入れ、導線をつなぎ、コンセントを挿します。ホットケーキの材料を入れると、電子イオンだかなんだかの作用でホットケーキが焼けます。昨日は失敗し、今日焼いてみると、ホットケーキではなく、何とカスタードクリームが出来ました(笑)。そのクリームもどきは、半分位まで作り方が同じだったため、出来てしまったみたいです。明日もあるので、今度は成功させたいです。

□ 二月七日(木)B自習室
 私の中学受験生活が終わって、一昨日でちょうど一年でした。きょうで 全ての地元の後輩達の受験生々活が終わったと思います。去年の受験結果は、あまり良いとは言えず、恥ずかしながら私も結果を出せずに終わってしまいました。後輩達には身勝手な期待もしています。もう出てしまった結果ですが、良い結果であって欲しいと思います。
しかし、私は受験生々活について、反省はしていますが、後悔は一切していません。なぜなら、楽しかったからです。今までの人生の中で、一番楽しかったからです。親友や、片思いでしたが好きな人いました。受験生々活のお陰で、その人達とも、後輩達とも、先生方とも繋がれています。
 世の中には、「終わりよければ全て良し」という言葉もありますが、私の受験生々活の最後は、良くはありませんでした。でも振り返れば、やはり幸せだったと思います。また、終わりが悪かったせいで、迷惑を掛けてしまった人がいます。なので、少なくとも今繋がっている人には、いつか恥ずかしがらずに「有り難う」と「ご免なさい」と言えたらな、言わねばな、と思います。「その人達とずっとこのままで居られたらな」と思うのと一緒に。

□ 二月八日(金)A自習室
 先週、僕は インフルエンザに罹ってしまい、スキー研修に行けませんでした。明日は、雪中運動会があると思うので、しっかり防寒対策をして、風邪をひかない様にしたいです。
 あと春休みまでちょうど一ヵ月なので残りの時間を大切にして、学年末テストに向けた対策をしていきたいです。
 部活では、ほぼ毎日外で走り、体力作りをしています。インフルエンザでしばらく休んでいたので、最初はきつかったです。外で部活をやると、髪の毛が凍り、北海道の寒さを感じる事が出来ました。僕は関東出身なので、こんなに寒い冬を経験した事がありませんでした。あと五年間、こんな環境の中、頑張ろうと思います。
 中一寮では、誰かが指導される事は時々あるけれど、指導される事によって繰り返し悪い事をしなくなるので、誰もが充実して寮生活を送れており、楽しいです。これからも、時には苦しい事や嫌な事があると思うけれど、頑張って乗り越えていきたいです。

□ 二月八日(金)B自習室
 いよいよ明日は雪中運動会だ。これまで四年間連続で中止を余儀なくされてきた行事だが、今年はどうだろうか…。
 僕達二十期生は、これまで「異例の初体験」に遭遇してきました。函館ラ・サールでも珍しい、停電による休校。中学一年生にして学年閉鎖(インフルエンザ)。スキー研修でのバス事故(ケガ人なし)。一年二組が学祭ランキング中学二位。考えてみれば、僕達は平成最後の函館ラ・サール新入生(?)として入学してきた。やはり、他学年とは何か違う雰囲気が出来ている。この調子で行けば、四年振りの雪中運動会も夢ではないかもしれない(?)。
こうして、この中一の間に起きた事を書いていくと、何故か懐かしく思えてくる。たった一年の間に、本当に色々な人達に支えられて、色々な体験をし、そこから様々な事を学んだ。それらの出来事を心に深く刻み、後輩達に色々と教えられる様な、そんな先輩へと僕達もなっていきたい。以前、I先生が言っていた様に「この期、全員がチューター」という心構えを持って中二にならなくてはいけない。そのために、どの様な事を改めれば良いのか、そんな事を考えながら、残りの中一寮生活を送りたい。
 明日の雪中運動会に備えて、今日はじっくりと休んでおきたい。

□ 二月九日(土)A自習室
 東京など、北海道ではない学校の人達は、「雪中運動会」と聞いて、ピンとくるでしょうか? 私は、「何それ。面白いの?」と言うと思います理由は、私がそう言ったからです。
「雪中」と「雪中ではない」の違いが最初は全く分かりませんでした。しかし、今日、はっきりと分かりました。
 私たち一年二組は、去年の球技大会で良い成績を収める事が出来ず、今回はすごく良い成績まではいかなくても、ビリにはならない様に頑張ってきました。しかし、初戦の「四人五脚」では、雪で足場が悪く、転ぶ事が相次ぎ、ビリになってしまいました。
ところが、二回戦目の「綱引きでは、上の学年のチームにも勝って、何と「三位」を勝ち取る事が出来ました。U先生に」「穴を軽く掘って、足が引きずられない様にする」と教えてもらい、役立ちました。しかし、私の手は滑るし、手が冷た過ぎて綱を引っ張る事が出来なくて大変でした。これも「雪中」だからこそですがね(笑)。
 続いて三回戦目の「そりリレー」は面白かったです。そりに乗る方だった私は、初めての経験であり、風を切る様な感じでとても面白かったです。しかし、平らな所と、凸凹な所があり、すごく揺れて「振り落とされる」というのを、最初は考えていなかったけれど、一度だけ本当にそりから落ちそうになり、少し冷や汗をかきました。
 四年振りと言う事で、中学生全員が経験した事が無かった行事ですが、みんな楽しむ事が出来て良かったです。

□ 二月九日(土)B自習室
 今日は雪中運動会がありました。雪中運動会と聞いて、関東圏、関西圏の人は正直良く分からないと思います。僕も地元が静岡なので、「ん? 何だろう?」と思いました。雪中運動会は、不通に雪がある中で「そりリレー」や「綱引き」をする行事です。函館ラ・サールでの開催は、四年振りで中三も中二も初めての行事となりました。最高気温マイナス四℃の中でやる、この大会は寒いと思っていましたが、意外と暖かかったです。結果は、「そりリレー」が四位で、「綱引き」が六位、「四人五脚」が三位で、総合四位でした。
 僕的にはあまり良い成績とは言えませんでしたが、皆がよく頑張ったと思います。その後の昼食では、母の会の豚汁をいただきましたが、とても美味しかったです。この楽しい行事はあっという間に終わってしまいました。来年は優勝を目指して頑張りたいです。皆、有り難う。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学2年生
 2月になりました。寮生活も半分を切りました。(大部屋生活)あと31日で春休みです。その後は中3になります。最高学年だし、何か勉強をまじめにしないといけない年になりそうです。また、部活も引退の時期が来ます。来年の中1はラグビーしたい人がたくさんと聞いたので、部活紹介をしっかり面白いものにしなければいけないと思いました。僕はラグビーが下手だけど、頑張れることはたくさんある気がするので、やっていこうと思います。2月に入ってS君が自宅生になりました。どことない寂しさを感じました。
 今年1年を振り返ると、中1のころより荒れていなかったことが良かったと思います。中1のころはけんかも事件も多かったので、中2は平和でよかったと思います。中2は中だるみの時期だったので、僕も成績が落ちた時の幅は大きかったです。でも、自由な雰囲気が常に漂っていたため、あまりストレスは感じませんでした。でもこの生活も終わりです最後までしっかり生活したいと思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:中学1年生
□ 二月三日(日)A自習室
 この頃は、Z会模試、英検、実力テスト(学力推移調査)、スキー研修が終わり、みなホッとしているところだが、学年末テストが迫ってきている。イレギュラーな日が続いたため、皆あまり学年末試験が迫ってきている事に実感が湧いていない様に見える。なぜなら残り四週間を切った今、自習室に人影は伺われないからだ。
 これまでのテストでは、ことごとく自宅生に負けている。寮生はなぜ、毎日義務自習をして、自宅生は誘惑が沢山あるのに、テスト結果で自宅生に負けてしまっているのだろうか。それは、寮生よりも自宅生の方がテスト勉強に対する意識が高いからではないのかと思う。これまでのテストでさんざん負けて、悔しくないのかと思うが、そんな事は忘れた様に寝室ではしゃぎ回り、遊んでいる生徒もいる。
そろそろ寮生の意地を見せていかなければいけないと思う。学年末テストは教科数が多く、早め早めに対策していかなければならない。一度、勉強にその遊んでいる時の体力をつぎ込んではどうかと思う。

□ 二月三日(日)B自習室
 先月末は二回の模試や英検、スキー研修など行事が立て込んでいた一週間でした。僕は英検は受けませんでしたが、Z会模試と学力推移調査は受けました。
 Z会模試は比較的難易度の高いテストで、記述などの問題のレベルが高かったです。数学は特に難しく、手も足も出ない問題もありましたが、国語と英語は全体的に解けるものが多く、手応えもありました。試験は三時間半にも及び、きつかったです。
 学力推移はZ会に比べれば簡単で、どの教科もほぼ全問解く事ができました。僕は前回の学推であまり良い点数を取れず、失敗してしまったので、今回はそれのリベンジが出来れば良いです。
 僕は、道東の網走出身の道産子です。スキーも多少出来ます。スキー研修は中級の班で参加しました。今シーズン最初のスキーで久し振りでしたが、感覚を取り戻せば十分に滑る事が出来ました。楽しくて、ついスピードが出てしまいました(笑)。この二日間でスキーの技術が上達した気がします。
 僕は、グリー部にも入っているので、学校行事(卒業式)での発表もありました。春休みまでは臨時休校が多い分、行事が入ったり、テストがあったりして不規則な生活になります。僕は、チューターで、四月に向けての準備もあるので、体調には常に気を付けて今学期を終えたいです。

□ 二月四日(月)A自習室
 「前回よりも学推は簡単だな。」と今回思いました。僕は、当日インフルエンザに罹っていたため、受ける事が出来ませんでした。しかし、今日、その学推を受けなければならなくなったので、正直ちょっと面倒臭いと感じていました。ただ今回は、前回より簡単だったと実際に思いました。これは、やはり冬休みに頑張ったお陰なのか、それともただ簡単になっただけなのか、理由は分かりませんが、今回は本当に手応えがあります。
 また、今日は中学二次入試の合格発表という事で、午前授業でしたが、学推があったので、普段よりも下校時間が遅いという悲しい現実を突きつけられました。やはり、インフルエンザに罹る自分が悪いので、その辺は深く考えない様にしようと思いました。
 これからは、どんどん寒くなっていき、最低気温がマイナス十五度になる日もありそうなので、しっかりと防寒対策をして、雪中運動会を楽しめる様にしたいです。
| BLOG TOP |

copyright © 函館ラ・サール中学寮 all rights reserved.Powered by FC2ブログ